« 卓上の俳句 | トップページ | 豪雨 »

2015年7月15日 (水)

智光山公園へ

013

 西武線車窓風景

智光山公園

001

006

007

 花壇はこんなにきれいに咲いているのに、誰も見ていないや。

気になる俳句

   ふはふはのふくろふの子のふかれをり  小澤 実

ぼんくら俳句

     夏の航舵は無謀な航海士
           今日はどうしてもこれを言わなくては
     猛暑日の人の通らぬ遊歩道
     凌霄花動くもの無き昼下がり
     池の面に育ちし夏の雲の影
     池のふち汗の背中に池の風
     シオカラトンボ池の葉先にゆれている
     シオカラが去って葉先にイトトンボ
     雀の子すばしこいのとのろいのと
     雀の子ひとつ啄ばんでさっと去る
     緑陰に本を閉じたり開いたり     




|

« 卓上の俳句 | トップページ | 豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60752531

この記事へのトラックバック一覧です: 智光山公園へ:

« 卓上の俳句 | トップページ | 豪雨 »