« ついに来た振り込め詐欺 | トップページ | 無題 »

2015年7月 7日 (火)

木の枝時計

017

 孫の宙返り。昨日の絵は父親のお腹に足をかけて宙返りをするもの。今日のは足をかけずに宙返りをするもの。

木の枝時計

 こぶし福祉会、かすみ川食堂の包丁研ぎ。小規模作業所「コパン」の包丁も。
 かすみ川食堂ができるとき、精障者小規模作業所「ショップみちくさ」で、木の枝時計を作った。10年以上たつが、そのトレイが今も現役で、食堂の壁にかかっている。

005

 同じとき、こぶし福祉会本部「リバーサイド」の作業所の時計も作った。こちらもつつがなく作業所の壁にかかっている。

006

 こういうのをインターネットで売りに出せば、本当は売れると思うのだけれど、そんなことをする気はないらしい。商品化したら、いくらかの足しには成ると思うんだがね。作り方を指導する私も、年を取っちゃったよ。

気になる俳句

   心太煙のごとく沈みをり  日野草城

 「心太」は「ところてん」と読みます。

ぼんくら俳句

     杖突いてただすれ違う立葵
     立葵池を挟んで老夫婦
     梅雨空に背もたれ高きベンチかな





|

« ついに来た振り込め詐欺 | トップページ | 無題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60655419

この記事へのトラックバック一覧です: 木の枝時計:

« ついに来た振り込め詐欺 | トップページ | 無題 »