« 七夕のイラスト・ムーミンのテーマパーク | トップページ | 草むしり »

2015年7月 1日 (水)

「黙れ」と言うな

001

言論の自由について

 ボランティアなどをやっていると、政治や宗教に触れるのはタブーのような雰囲気があります。マスコミなどは、公正中立という立場らしいが、それでも右左があるようですね。だいたい公正中立なんてことができるのかどうか、怪しいものだ。

 ブログを書くのも似たようなもので、政治色や宗教色を出さないようにしている。でもね、最近の自民党若手議員や、作家百田氏の発言、やはりいけませんな。

 言論の自由というのは、何を言ってもいいことです。人は思うことを自由に述べていいのです。でも、たった一つ、いけない事があります。それは他人の発言を封じることです。「黙れ!」だけはいけないのです。

 これは民主主義の根源です。自分と違う考え、明らかに間違っていると思う意見など、世の中にはさまざまな考えがあるものです。その意見に対して「黙れ!」と言ってはいけないのです。それが言論の自由というものです。

 自由主義というのは、何をやってもいいことです。ただ一つやってはいけないのは、他人の自由を奪うことです。寛容の精神というのは何でも許すことです。しかし、不寛容だけは許さないことです。

 言論の自由は、民主主義の根幹です。嫌な意見、間違っていると思う意見、取るに足らない意見、幼稚な意見、そんな意見に「黙れ!」と言ってはいけないのです。それでは自分の意見が絶対正しいという独善にもつながります。

気になる俳句

   梅雨深き山さまよへば吾も獣  福田蓼汀

ぼんくら俳句

     友も良し独りも良くてビアジョッキ
     梅雨晴れの雲の重さや山を巻く



|

« 七夕のイラスト・ムーミンのテーマパーク | トップページ | 草むしり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60583699

この記事へのトラックバック一覧です: 「黙れ」と言うな:

« 七夕のイラスト・ムーミンのテーマパーク | トップページ | 草むしり »