« 楽屋落ち | トップページ | 棚田 »

2015年6月11日 (木)

小屋作り、サッシの入り口

002

 雨後の稲荷山公園 おや? 光の方向がおかしいぞ。子どもにばかり気を取られて、光の当り方は考えなかった。まあ、朝飯前の仕事です。

みちくさの小屋作り

 今日はアルミサッシの入り口の取り付け。古い小屋のサッシの入り口を取り外し、新しい小屋に取り付ける。だいたいサッシの形が頭に入っていないから、水平や垂直を見ながら枠を取り付け、とをはめようと思ったら「おっと、これでは入らない」で、取り付けなおし。テナことをしているから今日一日で、サッシの入り口を取り付けただけ。「みちくさ」の一日というのは午前2時間、午後2時間です。それでも,なれない仕事で78歳の爺は疲れるよ。

観察しなさい

 小屋作りを終えて通りに出る。道の脇にグミがあって、いま実をつけている。たまたま通りかかった幼稚園児とその母親に、
「今の子供にグミと言っても分からないんでしょうね」
 と話しかけると、
「横浜のお爺ちゃんの家にあるよ」
 だって。そして、
「虫がいる」
 と、指さす。

001

 いましたねえ、3匹ほど。蝶の幼虫なのかな、2匹は葉っぱを食い尽くしちゃった。
「ほんとだ。おじいさんは知らなかったなあ」
「観察すれば分かるよ」
 ム、ム、はい、そういでした。園児に1本取られちゃったよ。

気になる俳句

   生き残り同士喪服でビアホール  真

 「去年今年」というブログに載っている俳句。私は名句だと思う。上着は脱いでいるだろうし、ネクタイも外しているとは思いますがね。

ぼんくら俳句

     訃報あり独り飲み干すビアホール
     黒南風や時々気になる認知症

 1句目。上の句に触発されて作りました。2句目。「黒南風」は「クロバエ」と読みます。梅雨時空が暗くなること。


  



|

« 楽屋落ち | トップページ | 棚田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60345391

この記事へのトラックバック一覧です: 小屋作り、サッシの入り口:

« 楽屋落ち | トップページ | 棚田 »