« 若葉風 | トップページ | とは言うものの »

2015年5月13日 (水)

めまいで緊急入院

001

 この絵、実は昨日の朝描いたもの。今朝は狭山台胃腸科外科に入院していました。

 昨日の朝食後、激しいめまいに襲われました。救急車を呼べば入間川病院か石心会狭山病院に連れて行かれる、そうなると入院させられる、と考え、タクシーを呼んで狭山台胃腸科外科にしたのです。ところが、狭山台胃腸陰科外科でも、入院でした。もっとも、タクシーに乗っているうちにますます気分が悪くなって、あの状態では帰れなかったけれどね。

 何度か吐いて、点滴をして、それでも駄目で、あらためて4袋点滴をして、夜8時ごろになってやっとおさまりました。今朝は平常だったのですが、入間川病院に行くように命じられ、
MRIの検査を受けました。どうやら頭のほうは異常がなかったようです。それで一度胃腸科外科に帰って、退院という運び。

 歳をとるといろんなことがあるネエ。10年以上前に、激しいめまいに襲われて、そのときは座る事も這うことも出来なかった。それに較べれば今回は、症状はいくらか軽い。しかし、直るまでに時間がかかった。こうして人は衰えてゆくのです、、、カナ。

 もちろん、昨日予定のボラはパス。明日のケアセンターもパスさせていただきます。

病院の窓

 窓というのは、第一に換気のためにあるのでしょうか。第二には部屋の中の人に開放感を与えるというか、外の様子を見られるように、ということがあるかと思います。だから窓の高さも、人が立ったり座ったりして外が見やすいように、しきられているのかと思います。同じ考えで病院の窓も作られているのだと、今回入院して、しみじみ思いました。病院の窓なのだから、病人にも外の景色が見えるようにして欲しいのに、ベッドに寝ていると、空しか見えないんですよ。

 犬の目の高さにあわせて、犬の部屋を作った愛犬家が居ました。贅沢な話だけれど。

気になる俳句

   プラタナス夜も緑なる夏は来ぬ  石田波郷

 入院したから、波郷の療養俳句でもと思ったのだが。。。こう言う爽やかな句のほうがいいかな。

ぼんくら俳句

     ベッドから見えるは夏の空と雲

 

|

« 若葉風 | トップページ | とは言うものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59985781

この記事へのトラックバック一覧です: めまいで緊急入院:

« 若葉風 | トップページ | とは言うものの »