« 酒を飲みましょう | トップページ | 相模湖 »

2015年5月16日 (土)

つばさ俳句会5月定例会

001

 顔振峠近くの茶屋の裏庭。階段を下りてゆくとトイレがあります。

つばさ俳句会定例会

 まず私の結果を言うと、近年最低でした。

   どこからかまだ散る花のありにけり
   菜種梅雨野菜サラダを作ろうか
 が、それぞれ1点。後はぜろ。

私の選句

 人を走らせて初蝶の計りごと       今坂柳二
 裏表紙に購入日付け走り梅雨     来栖たつ子
 行列に並び桜に見下ろされ        田中一進
 野良猫に桜蘂降る寺の門         斉藤京子
 行きずりの犬の短足花ミモザ       桑原三郎
 芥子咲くやこの世のことは然りながら  桑原三郎
 補助輪取れて父の伴走柿若葉      小野綾子
 蟻の這う団地サイズの畳かな     横山かつ代
 青葉山猫の飲み込むおおあくび   前田美智子
 樺細工茶筒にこもる古茶の音     横山かつ代

 「青葉山」の句については「のみこむ」という言葉の使い方に疑問を呈しながら、のんびりした雰囲気が出ているので戴く、と断りを入れました。たとえば、「言葉を飲み込む」といえば、言いたい言葉を言わずに過ごすことです。「欠伸を飲み込む」ならば、本当は欠伸をしないことになるのではないかという疑問です。

高得点句

7点句

  たつときの声出て八十八夜寒    斉藤京子
 
6点句

  野良猫に桜蘂降る寺の門      斉藤京子
  囀りや席ゆずるとき足踏まれ    大川原弘樹

5点句

  日も月もゆっくり落ちる花菜畑    桑原三郎
  蟻の這う団地サイズの畳かな   横山かつ代
  初夏や窓全開にミシン踏む     定方幸子

4点句

  裏表紙に購入日付け走り梅雨    来栖たつ子
  竹の子を足で探りし男かな     前田美智子
  小手鞠の垂れ向くままに抱えけり  白土令子
  死は1度食事は3度夏の月      桑原三郎


   


|

« 酒を飲みましょう | トップページ | 相模湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60023632

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会5月定例会:

« 酒を飲みましょう | トップページ | 相模湖 »