« 終活? | トップページ | 俳句と川柳 »

2015年4月26日 (日)

五大尊のつつじ

歩く会

 今日は私が案内役。17名参加。越生、山吹の里から、寄り道をしながら五大尊つつじ公園へ。

003

 山吹の里。越生は大田道灌ゆかりの地なので、駅の近く、越辺川(オッペガワ)のほとりに山吹の里なんてものを作ったんですね。

005

 越辺川、菜の花のある風景。

 山吹の里から弘法山に向かうのですが、春日神社の脇を通っていくはずが道を間違えて通り過ぎてしまいました。途中畑仕事をしている人に弘法山への道を聞きましたが、方角は間違っていなかったようで、何事もなく弘法山観世音に到着。ここで、早めの昼食。

009

 弘法山のつつじ。山つつじもあるようだ。

011

 つつじ燃ゆという言葉がぴったりだね。

 さて、五大尊へ。人工的に植えられたつつじではあるが、見事なことは確か。

021

027

 ひとつの枝に赤と白、両方咲いているのです。中にはひとつの花の中に赤い花びらと白い花びらがあるようなつつじもありました。

028

 五大尊ではすでに咲き終わったつつじもあり、これからのつつじもあります。五大尊の印象としては、もう少しあとが最高かな。

 天気に恵まれて良い歩く会でした。

気になる俳句

   げんげ野を来て馬市の馬となる  下村ひろし

ぼんくら俳句

     つつじ園たずねる前の山つつじ
     独りいて歌うは間抜け春の宵
     大木も水吸い上げて若葉かな









|

« 終活? | トップページ | 俳句と川柳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59784078

この記事へのトラックバック一覧です: 五大尊のつつじ:

« 終活? | トップページ | 俳句と川柳 »