« 狭山ケアセンター | トップページ | つばさ俳句会4月定例会報告・他 »

2015年4月17日 (金)

事件の匂い・・・心ならずも御清遊

046

 武蔵関公園です。

001

 私の朝食なんて、ブログを読む人に興味があるとは思えません。でも、このブログは自分のために書いているようなものだから載せちゃいます。主菜は鯖の味噌煮。左にあるのはミックスベジタブルの炊き込み御飯。右は粕汁。上はひじきの煮物と、切干大根と若布の酢の物。
 朝食と言うか、作ってるうちブランチになっちゃた。粕汁はネエ、あんまり粕を入れすぎて、この後どんぶりに移して、お湯を注いで、倍にして食べました。どうにも締まりのない味だった。減塩を意識して味噌を入れないのがよくなかった。

事件ですよ

 今日は1日空いている。天気はよさそうだ。となると、どこかへ出かけたくなるわけです。
で、まあ、寝床にいるうちから考えました。行きたいのは宮沢湖の温泉。でも、交通費以外に3000円以上かかる。今月はすでに緊縮財政である。やめておこう。名栗湖の温泉はどうだ。1000円くらい節約にはなるね。でも、もっと節約するにはどうするか。テナことで、飯能河原から狭山市まで、入間川沿いに歩くことにしました。
 これなら、交通費以外は大した金はかかりません。途中でアルコールを飲みたいからポットに焼酎を入れて持って行こう。ジュースを買って、それで割って飲めばいい。ということで、コンビニでジュースとおつまみを買って出かけましたね。
 天気もいいし、若葉もきれい、この辺で一休みして一杯いきましょうかとおもったら、リュックの中にポットがないの。家のテーブルの上に、忘れてきちゃった。だから今日はジュースを飲んで、おつまみを食べて、心ならずも御清遊です。

 ところで、成る木川との合流地点を過ぎてしばらく行った所で、こんな風景に出会いました。
012

011013_2

 20人くらいの人がいたと思います。川の底を探しています。事件の匂いですね。

005

045

020

019

 亀の散歩。名前は聞いたけれど忘れました。陸亀の一種だそうで、人懐っこいんだって。男性が首を撫でたりしていました。

気になる俳句

   かなしき日春塵の厨拭いて寝る  草村素子

ぼんくら俳句

     生垣に沿ってたんぽぽ一並び
     対岸にひっそりと居る残り鴨
     新緑をジョギングの人歩く人













 







|

« 狭山ケアセンター | トップページ | つばさ俳句会4月定例会報告・他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59680573

この記事へのトラックバック一覧です: 事件の匂い・・・心ならずも御清遊:

« 狭山ケアセンター | トップページ | つばさ俳句会4月定例会報告・他 »