« 戦争俳句 | トップページ | 終活? »

2015年4月24日 (金)

昨日まで人のことかと思いしが・・・

001

 私はちょっと油断すれば、こんな絵も描きます。左肩上がりすぎていますよね。今日、水彩画教室で。早くて乱暴なのが私の絵。いつぞやの新聞の写真から。

昨日まで人のことかと

 昨日に引き続き『元気なうちの辞世の句300選』という変な本を読んでいます。
 死というのは本当は深刻なのだけれど、必ず誰にでも訪れる。だったら、深刻ぶらずに、笑いのめすに限る。
 『梁塵秘抄』に「昨日まで人のことかと思いしが俺が死ぬのかこれはたまらん」というのがある。この「のり」がいいですね。
 十返舎一九の辞世の歌「この世をばどりゃおいとまを線香の煙となってはい(灰)さようなら」。こういう「のり」がいい。

で、気になる俳句

  さわやかにドア押し開けて消え失せむ 塩出由美子
  分限を悟れぬままに逝くもよし      佐藤靖爾

で、ぼんくら俳句の方は

    人間は二度と死なない花吹雪
    死ぬまでは生きてやるわい我が花野




|

« 戦争俳句 | トップページ | 終活? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59760628

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日まで人のことかと思いしが・・・:

« 戦争俳句 | トップページ | 終活? »