« 血圧 | トップページ | ユガテ、鎌北湖 »

2015年4月11日 (土)

花は盛りにのみ見るものかは

023

 絵は国分寺の殿ヶ谷戸庭園。

 明日、山の会なので、県議選の期日前投票に行く。この地区からは3人立候補している。一人は会えば挨拶くらいはする人。もう一人は、顔くらいは知っている、少しだけなら話したこともある人。最後の一人は、名前だけしか知らない人。さて、どんな結果になりますか。

 期日前投票で市役所まで歩いていったので、その足で、サピオ稲荷山に行くことにした。シニア料金で、焼却場の熱で沸かした風呂に入ってこようと言う魂胆である。でも、道路を挟んだ向かい側の稲荷山公園、きれいですネエ。まさに「花は盛りにのみ見るものかは」だよ。赤く見えるのは、葉桜と言うより、桜蘂の赤さでしょうね。なんだか、湯に入らずに、そっちへ行きたくなった。
 でも、せっかく風呂に入りに来たのだから、とにかく風呂に入って、もう、鴉の行水ですよ。早く稲荷山公園に行きたくてね。さっさと風呂を出て、近くのコンビニでワンカップを買って、確かに酒を飲みたいというのもあるよ。でもね、ここ数年、私は花狂いをしているのだ。この美しいものを、死んだら見られないからネエ。「世の中に絶えて桜の無かりせば春の心はのどけからまし」なんだよなあ。

001

003

 これは山桜系でしょうね。

008

 ドウダンツツジの白でしょうか?

020

気になる俳句

   村ほろびいきいきと瀬や山桜  富津昭彦

ぼんくら俳句

     散る花やどっと人出る雨上がり
     花吹雪カラスの低空飛行かな
     たんぽぽが花筵かぱ顔を出し
     街路樹の芽吹きに遅速ありにけり





|

« 血圧 | トップページ | ユガテ、鎌北湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59607605

この記事へのトラックバック一覧です: 花は盛りにのみ見るものかは:

« 血圧 | トップページ | ユガテ、鎌北湖 »