« なーんも無い | トップページ | 4月8日の雪だもんナア »

2015年4月 7日 (火)

花筵

012

 この絵の場合、場所はどこでもいいのですが、所沢の航空l公園です。

 精障者支援の社会福祉法人「こぶし福祉会」の「かすみがわ食堂」の包丁研ぎ。小規模作業所「コパン」の包丁なども研ぐ。
 終って、智光山公園「緑の相談室」に、展示している絵の撤収。行ったのはいいが、誰も居ない。絵はすべて撤収されている。私の絵は、たぶんYさんが持って行ってくれたのだろう。
 帰宅後Yさんから電話。3時から撤収だったんだって。それだと、間に合わせようが無かった。私は4時からだと思っていた。日にちを間違えたり、時間を間違えたり、私の呆けも進んでいます。
 こんなところで「呆け」という言葉を使わずに「認知症」という言葉を使うべきだと言う考えもあります。その点について書こうとも思ったのですが、今日はその余裕がありません。事実は同じなのに、言葉を変えることで差別感をなくすという考え方に違和感を覚えるということだけを言っておきます。機会があったら、私の考えを書きます。

009

 智光山公園の写真。これ、俳句の季語で、まさに「花筵(ナナムシロ)」ですね。

004

         010

 石の上も、桜の幹も、この状態。

011

 これは、我家の近く。この庭園はとても美しいのですが、園内に入るなと言う趣旨の看板がありまして、外から写すだけです。幼稚園に隣接しているので、止むを得ないかとは思います。変な人が多いもんナ。

 「かすみ川食堂」の裏を流れる、霞川の写真を一枚載せようと思ったのですが、消去しちゃいました。こちらの写真は「花筏(ハナイカダ)」でした。落花した花びらが集まって、陸にあれば「花筵」、水に浮いていれば「花筏」ということです。

気になる俳句

   しきりなる落花の中に幹はあり  長谷川素逝

ぼんくら俳句

     流れきて堰に崩れし花筏
     雨の日の轍を残す花筵
     花筵踏みつつ犬と散歩かな
     樹の幹に花びら貼りつく雨上がり

     







|

« なーんも無い | トップページ | 4月8日の雪だもんナア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59561745

この記事へのトラックバック一覧です: 花筵:

« なーんも無い | トップページ | 4月8日の雪だもんナア »