« 武甲の湯 | トップページ | みちくさ »

2015年3月15日 (日)

選書のコーナーが消えた

Photo

 横瀬町役場裏からの風景。

 本を買うために川越に行きました。アマゾンなどインターネットで注文する方法もありますが、私は本屋で、その本を手にとって見たり、買う予定のなかった本を覗いたりするのが好き。偶然出会った本が忘れられない本になったりする。だからボーッとして、漫然と本を見ているのも必要な時間なのです。人間だってそうでしょう。会う予定の人にだけ会っているだけでは、たいした発展は生まれません。会う予定もなかった人とたまたま会って、それがその後の人生に影響を与えるなんてことは、よくありますよね。

 今日も、目的の本とは違うものを2冊ほど買いました。

 今日買おうと思った本は選書なんですが、紀伊国屋川越書店には、○○選書などが並ぶ、選書のコーナーはなくなっていました。帰りに本川越駅の池田書店にも寄ってみましたが、ここでも、選書専門のコーナーはなくなっていました。町の本屋でも、文庫のコーナー、新書のコーナーは増えているように思います。でも、選書のコーナーは消えていたんですネエ。知りませんでした。

気になる俳句

   春めきてものの果てなる空の色  飯田蛇笏

ぼんくら俳句

     もつれずにさらさらさらと糸柳

 曇り空で、ものの果てなる空の色とはいえない日でした。しかし糸柳は芽吹きをはじめていました。

|

« 武甲の湯 | トップページ | みちくさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59279064

この記事へのトラックバック一覧です: 選書のコーナーが消えた:

« 武甲の湯 | トップページ | みちくさ »