« ブログを書く前に考えること | トップページ | 選書のコーナーが消えた »

2015年3月14日 (土)

武甲の湯

     

014

 久しぶりに新聞の写真から人物を描いて見ました。

武甲の湯

 横瀬町の武甲の湯へ行ってみました。だいぶ前に1度行ったことがあるのですが、ほとんど忘れています。横瀬駅から10分か15分くらい歩いたところにあります。浴槽や洗い場、休憩所などが広くて、ゆったりしているのが特徴かなあ。春や秋は温泉への行き帰りの景色が美しいのではないかな。自然が豊かだからね。ただし温泉からは何も見えない。

001

 横瀬駅を降りたときはバックの武甲山がほとんど見えませんでした。

009

 温泉を出て裏の河原で撮った写真。バックは武甲山。近くに、長屋門を持った家などがありますが、手入れなどされていないようです。

010

気になる俳句

   誰をかも待つ身の如し春炬燵  松本たかし

ぼんくら俳句

     幾重にも重なって山笑うかな
     孤独癖いくらかありてつくしんぼ
     それぞれの家に橋あり谷若葉

 沢沿いの山道のさしかかると沢の片側に道があって、反対側に家が数件並んでいたりする。それぞれの家が公道に出るための橋を持っている、そんな集落が秩父にも多い。




|

« ブログを書く前に考えること | トップページ | 選書のコーナーが消えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59267577

この記事へのトラックバック一覧です: 武甲の湯:

« ブログを書く前に考えること | トップページ | 選書のコーナーが消えた »