« つばさ俳句会3月定例会 | トップページ | 花の見ごろは短くて狂う間もなく終るかな »

2015年3月29日 (日)

皇居、皇居周り、千鳥が淵

歩こう会

 これまでこのブログでは「歩く会」として書いてきましたが、「歩こう会」がいいとこだわる方がいます。私は「歩く会」だろうと「歩こう会」だろうと、どうでもいいのですが、今後は「歩こう会」と書きます。
 で、3月の「歩こう会
」は、皇居とその周辺を歩く。16名だったか17名だったか帰ってきたらもう人数を忘れている、とにかく、普段に無い大勢の参加でした。案内は東京に詳しいHさん。
 「歩こう会」いつもは第4日曜なのですが、今回は桜の開花時季を考えて第5日曜に。これが当たりました。

007

 ボートに乗っている人がうらやましい。

013

024

027

 東京駅を見下ろす

034

 お堀の白鳥

気になる俳句

   新池や蛙とびこむ音もなし  良寛
   古池やその後とびこむ蛙なし  酒井抱一
   古池や芭蕉とび込む水の音  仙涯
        やはり手書き入力ができません。仙涯の涯はサンズイが無いのです。
   芭蕉翁ポチャンといえば振り返り
      というような句もあったような気がします。

  今日の気になる俳句は、パロディー俳句でした。

ぼんくら俳句

     朝ぼらけ道にはみ出す母子草
     朝三分午後は開の桜かな















|

« つばさ俳句会3月定例会 | トップページ | 花の見ごろは短くて狂う間もなく終るかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59452101

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居、皇居周り、千鳥が淵:

« つばさ俳句会3月定例会 | トップページ | 花の見ごろは短くて狂う間もなく終るかな »