« しだれ梅 | トップページ | 元気でも終わりは近い »

2015年2月24日 (火)

河津桜

Photo

 蝋梅のある登山道 場所は奥武蔵、ユガテ。逆光で最も影が濃くなるところを、白く残しました。

河津桜

 歳をとるとどんなことが分からなくなるかといえば、たとえば「河津桜」は、はたしてこれでいいのかなあ、と疑問を持ちます。私の持っている「日本の樹木」という大きめの図鑑には、「河津桜」がありません。あれ? と思って広辞苑を引いてみると、やはり「河津桜」という項目はありません。確か「河津桜」は伊豆半島の「伊豆七滝」あたりで咲く早咲きの桜だ、という記憶はあるのです。でも、信頼する図鑑や辞書に、そんな項目が無い。こうなると自分の知識に自信が持てなくて、間違っているのかなあ、などと不安になってしまうのです。

 とはいえ、他の言葉は知らないし、河津桜で話を進めます。

 桜といえば、日本全国どこへ行ってもソメイヨシノという感じでしたが、最近は河津桜が人気だと思っています。あちこちに河津桜が増えているような気がします。狭山市でも、入間川の河川敷に何十本かの河津桜が植えられているところがあります。テレビで、東京だったかさいたま市だったかの、満開の河津桜が紹介されました。さては、と思い、入間川の河津桜を見に行きましたが、ウーム残念、今にも咲きそうですが、まだでした。

001

 その後、知人と会食。新しい知り合いなので、お互いに遠慮がちに、しかし好奇心を持って、楽しいひととき。

山の会、班長会

 会員の高齢化、行ける山が限られてきたこと、など、話題に。後は、急に上ってしまった観光バスの利用方法などについて。

気になる俳句

   卒然と風湧き出でし柳かな   松本たかし

ぼんくら俳句

     花の木のほんのり赤き芽吹きかな
     対岸の遠き自転車糸柳
     春の川向うの水面の色が濃い
     枯木立といえど芽吹きの気配かな


|

« しだれ梅 | トップページ | 元気でも終わりは近い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/59050529

この記事へのトラックバック一覧です: 河津桜:

« しだれ梅 | トップページ | 元気でも終わりは近い »