« 不得意な絵 | トップページ | 東松山散策 »

2015年2月14日 (土)

認知症を学び地域で支えよう 講座

Photo

 場所は石神井公園なのですが、こういう絵なら、どこでもいいんですよね。

講座 「認知症を学び地域で支えよう」を受講

 貰った資料の副題に「認知症サポーター養成講座」なんて書いてある。私などは認知症のサポーターに成ろうというよりは、自分が認知症にならないように注意しなければならないのだ。講座は4回の予定だが、そのうち、第2回目には出席できない。

 認知症というのは認知障害が6ヶ月以上継続した場合を言うのだそうです。その点は知りませんでした。認知症のうちアルツハイマーが5割、脳血管性認知症が3割だそうです。脳血管性認知症の場合は、まだらボケになるのだそうだ。私なんか、いくらかはまだらボケだよ。かつて私は「まだら呆け始まっている桜かな」という俳句を作ったことがある。

 アルツハイマー型の場合は、進行を遅らせる方法がある。脳血管性認知症の場合は、治療が可能な場合がある。・・・テレビなどでも、そのようなことは言っていますね。

 認知症の中核症状としては
「記憶障害」(これは俺も相当あるぞ)、見当識障害(これだってあるよ、道が分からなくなったり、するからね。若いときから方向感覚が悪いのだ・・・ん? 昔から認知症だった?)、そして最後に、人間関係が分からなくなる。

 その中核障害があることによって、行動、心理障害が現れる。これはいろいろあるけれど、老人介護施設などへ行って私などが経験するのは、何かを取られたなどという妄想ですね。

 認知症患者への接し方は、まず受容する、そして共感する、患者の言うことを傾聴する。というようなことです。

 認知症の人に接するにあったって、以上のようなことは、まあ、常識の範囲内といっていいでしょう。

 言われたことの中身は分からなくても、馬鹿にされた、怒られた、無視された、というようなことは、感情として残るものです。「認知症になれば何も分からなくなるのだから、それはそれでいい」などという人がいますが、少し繊細な観察眼を持っているならば、認知症の人には認知症になってしまった悲しみがあることが、分かるはず。

 何が何パーセントとか言うことを除けば、知っているような話ですが、分かりやすくてよかった。・・・考えてみると、講演などでは、聞くほうは知っていることしか分からないのかもしれない。

 講座が終って、3本のモールを渡されてロバを作るという作業をやったのですが、私はこれがぜんぜんできませんでした。工程のうち、初めの②の部分でつまずきました。だからその後は全部駄目です。私の座った位置からは、指導する人の手に隠れて、モールの様子が全く見えませんでした・・・というか、俺はきっと呆けているのだな?

気になる俳句

   蝿とんでくるや箪笥の角よけて  京極杞陽

ぼんくら俳句

     寄せ鍋や断酒する人お気の毒



|

« 不得意な絵 | トップページ | 東松山散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58935703

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症を学び地域で支えよう 講座:

« 不得意な絵 | トップページ | 東松山散策 »