« 雪だるま | トップページ | 浪花節 »

2015年2月 1日 (日)

車椅子と仲間の会新年会

Photo

 絵は毎日新聞の写真jから

車椅子と仲間の会・新年会

 会場は徳樹庵。実は、誰よりも我家から近い。
 終って2次会も徳樹庵の他の部屋で。会長の刈谷さん、何度か書いたことがあると思うのですが、実は両手、両足がない。義手と義足です。電撃性紫斑病という病気でした。この病気にかかって生き残った人は、日本では10例といないという病気から復活し、今では車椅子の会以外でも、さまざまな活動をしています。私は昨年、こぶし福祉会の評議員を退きましたが、その後も引き受けてくれています。
 2次会では手術の後で感染症を防ぐための入浴の話が出ました。これが、たわしのようなもので体を洗われる、本当に苦しいものだったようです。私だったら、もう死ぬほうがいいからそんなことはやめてくれ、と言いたくなるようなことです。そんな過去を踏まえて今の刈谷さんがあるのですね。

気になる俳句

   仕事始めの鉋屑焚き上げし  金尾梅の門

 いまさら仕事始めでもないのだけれど、今日は新年会だったので、まあいいでしょう。

ぼんくら俳句

     パソコンやミカンの皮を剥きしまま



|

« 雪だるま | トップページ | 浪花節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58781516

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子と仲間の会新年会:

« 雪だるま | トップページ | 浪花節 »