« 東松山散策 | トップページ | 小説の読み方 »

2015年2月16日 (月)

芋を植える

Photo
 絵は東松山・神戸大橋

 最近は定規で線を引いて描くこともある。この絵も定規を使っていますが、これって、案外時間がかかるんだよね。

芋を植える

 障がい者施設(ショップみちくさ)の畑に、皆でジャガイモを植える。少し早すぎるような気もするのだが、種芋自体は先月の中旬から売り出していたみたい。何週間か前に買っておいた種芋を、今日、植えることにした。まだ寒いから、当分は芽が出ないと思う。予報では、明日は雨か雪だそうだし、晴れの日がだいぶ続いたから土は軽い。作業しやすい日と判断した。

気になる俳句

   思想までレースで編んで 夏至の女  
   軍港の黄昏 水仙と鉄匂う
   永遠は掌に乗るでしょうか 花梨の庭

                       以上 伊丹公子
      (伊丹美樹彦氏夫人、亡くなられたようです)

ぼんくら俳句

     空青し施設の畑に芋植える

 本当は薯と書くべきです(俳句では)。馬鈴薯だからね。芋と書いたら、里芋か山芋になります。でもねえ・・・馬鈴薯だけれども、私の感覚では芋だよ。



|

« 東松山散策 | トップページ | 小説の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58958959

この記事へのトラックバック一覧です: 芋を植える:

« 東松山散策 | トップページ | 小説の読み方 »