« 石神井公園 | トップページ | 不得意な絵 »

2015年2月12日 (木)

本を読むのも楽じゃない

001

 絵の場所は石神井公園。両端の大木はメタセコイヤ

本を読むのも楽じゃない

 狭山台図書館の俳句の本をあらまし読んでしまおうと考えて、このところ、せっせと俳句の本を借りている。しかし、なかなか大変だ。狭山台図書館で目にするだけとおもっても、俳句関係の本は10冊や20冊ではない。本によっては無味乾燥で面白くないのもあるし、私には理解できない俳句も多い。解説を読んでも、分からなかったりする。それに、視力が弱っているから、目が疲れるし、長くは読めない。読み終わる前に、新しい本も出版されるからネエ、追いつかないかも知れないや。

ケータイ、思わぬところ(トイレの棚)にありました。電源が切れていたので、呼び出し音が鳴りませんでした。

気になる俳句

   花売車どこへ押せども母貧し   寺山修司

ぼんくら俳句

     湖を見下ろす宿の温め酒
     池の端に柳の芽吹く昼下がり
     さくらんぼ種を転がす舌の上
     切株の切られしばかり下萌ゆる

 毎日書いている俳句、ほとんど捨てるのですけれどね。多作多捨が基本だそうです。


|

« 石神井公園 | トップページ | 不得意な絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58912575

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読むのも楽じゃない:

« 石神井公園 | トップページ | 不得意な絵 »