« | トップページ | 清崎敏郎の俳句 »

2015年2月 4日 (水)

ユガテ・鎌北湖・蝋梅の香


山行・奥武蔵

 同行はAさん、Kさんぼんくらカエルの3人。山の会、4月の山行の下見。

コース

 西武線東吾野駅-ユガテ-鎌北湖-宿谷滝公園-物見山-日和田山-高麗駅

 実は宿谷滝公園には行きましたが、すぐ近くの宿谷滝に行っていません。物見山の頂上近くで迂回路を通り、頂上には登りません。日和田山も、頂上直下の神社よりは高いところに行きましたが、本当の頂上よりは下を迂回。
 こう書くと、なあんだ、なんて思われるかもしれないけれど、中々の長いコースです。たとえば東吾野からユガテには峠越えをしなければならないし、ユガテから鎌北湖も峠越えです。鎌北湖から宿谷滝公園にも登って降りて、そこから物見山はかなりの急登、体力を消耗します。もちろん日和田山へも物見山から降りて登って、ということになります。

1

2

 蝋梅が香ります。

Photo_2

 鎌北湖湖の写真で見える湖面はほとんど凍っています。こちら側は日陰ることが多いのでしょうか。凍っていない方では釣り人もいました。

Photo_3

 宿谷滝公園。ここの日当たりのいいところで昼食。

       Photo_5

 残念、顔は映っていませんでした。この鳥、何の鳥?

気になる俳句

   金平糖降ってきそうな天の川  狭山市、童句

 今朝、歩いて稲荷山公園駅へ行く途中の街灯に書いてありました。狭山市の小学生か中学生が作った童句です。天の川の星が金平糖に見えたのかな。
 童句とは童話作家土谷由紀夫が名づけた、子どもの心を持った俳句のこと。

ぼんくら俳句

     飛行機音立春のよわき日をゆれる




       










 

|

« | トップページ | 清崎敏郎の俳句 »

コメント

  
  下見の下見に付き合って頂いて助かりました。
  いつも、ありがとさん!
   もう少し計画を考えなおした方が良いかな~

投稿: kさん(ニケ) | 2015年2月 7日 (土) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58817705

この記事へのトラックバック一覧です: ユガテ・鎌北湖・蝋梅の香:

« | トップページ | 清崎敏郎の俳句 »