« 山の会の新年会 | トップページ | 朝日が丘公園の富士 »

2015年1月12日 (月)

校正ミス

Photo

 昨日の餅つき。手抜きの絵ですがね。

校正ミス

 新年句会の句集、校正ミスが2ヶ所。校正ミスはどうしてもあるんですよ。こちらの不注意を指摘されれば、本当にその通りですけれど、どうしてもあるんです。
 俳句の場合は、一字、一句が大切でちょっとした「て、に、を、は」の違いだけで意味が大きく変わります。だから、校正ミスなどしてはいけないのですが、やはり、あります。
 今回は「久」と書くべきところを「乏」と書いてしまったのがひとつ。鉛筆で書いた原文、判読しがたいのだ。確かに「久」なのだろうけれど「乏」にも見える。
 もうひとつは、英語のスペル。原文は、one push これれを one push
としてしまった。確かに、プッシュの最後は「h」であることぐらいは私でも知っています。しかし、縦書きの俳句では、せめてカタカナの「オン・プッシュ」くらいにはしてもらいたいなあ。私も、校正を担当した二人も見逃してしまったということです。そのことで、原稿を書いた私と、校正を担当した二人は、今日は大わらわですよ。
 この二つは抗議を受けたのですが、他にも変なのはありましたよ。たとえば「ふこやか」という言葉を使っている句がありました。「すこやか」の間違いか「ふくよか」の間違いか、それとも、そんな方言があるのか、など、いろいろ考えました。結局、原文のとおりというのが原則ですから「ふこやか」のまま句集に載せました。
 こんな問題は、毎回あります。われわれの会はそれほど威張っていられる会でもないので、なるべく投句者の要望に沿うようにするのですが、中々皆が満足するようなわけには行きません。

気になる俳句

   犬のこえ噛みついてくる寒夜かな  西田鏡子

 毎日俳壇、小川軽舟の並選の句。(1月12日)

ぼんくら俳句

     窓開けて寒の空気をちょっと入れ




|

« 山の会の新年会 | トップページ | 朝日が丘公園の富士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58561393

この記事へのトラックバック一覧です: 校正ミス:

« 山の会の新年会 | トップページ | 朝日が丘公園の富士 »