« ぼんくら日記はドジ日記 | トップページ | 『シュリーマンの旅行記 清国・日本』 »

2014年12月 4日 (木)

貧乏性

001

 絵の場所は智光山公園。

今日一日何ということなく過ごしました

 何もしないで1日を過ごすと、なんとなく後ろめたいんですね。病気ででもあるならともかく、健康な人間がなにもしないで1日を過ごすなんて、神にたいしてか、仏に対してか、世間に対してか、なんだか申し訳ないような気分。
 ぶらぶらと時を過ごし、寝転んでいたい気持ちはあるし、そうすることも多いのだけれど、そんな日は、たとえばブログを書くようなとき、こんな言い訳を書きたくなるわけです。貧乏性なんでしょうね。生まれたときから貧乏なんだから、しょうがないか。
 それでは今日やったこと。ブログに載せてる絵を描いた。銀行に今月分の生活費をおろしに行った。コピー用紙とコーヒーを買いに行った。本を読んだ。数独をやった。鼻毛を抜いた、おならをした・・・なんだ、結構やっているじゃないか。おまけに今ブログを書いているし・・・でも、気分としては・・・。

気になる俳句

  もう少しいてゐいですか冬苺  長谷川浩子

 作者はわたしの俳句仲間。車椅子の人。誰かを訪問したのだろうか。テーブルの皿には苺がある。もう帰るべきなのだろうか、もう少し話したいのだが・・・そんな気持かな。

ぼんくら俳句

     冬野菜多めに入れて一人鍋
     さらさらと木の葉を流れて冬の雨

 

 




|

« ぼんくら日記はドジ日記 | トップページ | 『シュリーマンの旅行記 清国・日本』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58175739

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏性:

« ぼんくら日記はドジ日記 | トップページ | 『シュリーマンの旅行記 清国・日本』 »