« 水彩画の会忘年会 | トップページ | 歩く会 78歳誕生日 »

2014年12月20日 (土)

つばさ俳句会報告

001

 新宿御苑です

つばさ俳句会報告

 5句投句、10句選句

私の投句

   柿食えば2羽の鴉が鳴き交わす    0点
   秋夕日もすこしゆっくり落ちなさい   3点
   爺婆が行くランナーが行く木の葉降る 2点
   無精ひげなでて書肆出る冬の雨    5点
   冬の蛾がタオルに止まる露天風呂  1点

私の選句

   ジョギングの出足を挫く初時雨     今坂柳二
   車座に遍き日差し冬の草        伊達天
   いくつとも知れぬ羅漢や北颪      一進
   彩甲斐路栃本関所山紅葉       一進
   肩の荷を下ろし姉妹の南瓜粥     洋子
   冬の靄里を静かに沈めゆく       伊達天
   朝寒や夫婦無言のウオーキング   みつ子
   歳晩や空き家のままに立ちつくし   浩子
   木枯らしを吹きあわせたる僧の笛   一進

高得点句

7点句

   足音の足にひっつく冬の月       桑原三郎

6点句

   鉢巻をしている人と日向ぼこ     桑原三郎
   首細き人大根を抜いており      かつ代

5点句

   校庭につづく長堤冬桜         京子
   日向ぼこつまらぬことをつまらなく  京子
   無精ひげなでて書肆出る冬の雨   かえる
   
4点句

   ジョギングの出鼻を挫く初時雨    今坂柳二
   父の世の縄垂れてをり霜枯野    京子
   空港のポインセチアや喪服下げ   かつ代
   短日や土瓶に厚き土瓶敷       令子

・・・・

気になる俳句

   コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ
                         鈴木しず子

 これもまた、鈴木しず子の有名句

ぼんくら俳句

     冬の雨遅れて来る路線バス


 


|

« 水彩画の会忘年会 | トップページ | 歩く会 78歳誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58326357

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会報告:

« 水彩画の会忘年会 | トップページ | 歩く会 78歳誕生日 »