« マンネリのブログ | トップページ | 無題 »

2014年11月18日 (火)

とにかく歩こう

015

 今日の絵は日の出山中腹からの風景。

とにかく歩こう

 近ごろ新聞に出る有名人の死亡記事、私と同年代が多いんだよ。「昨日まで他人のことかと思いしが俺が死ぬのかこれはたまらん」てなもんでね、とにかく、動けるうちは動き回るつもり。というわけで、今日は飯能市の美杉台を散歩しました。かねて美しいと聞いていたので、いつか行ってみたいと思っていましたが、もう2-3週間早く来るべきでした。そうすれば、紅葉の美しい町並みを見ることが出来たでしょう。
 美杉台公園を一回りして飯能河原へでて、飯能駅うらの入間川河川敷へ。たぶん、この区域に名前はあるのだろうけれど、私は知らない。岸には砂岩が連なっていて、そこに甌穴があり、私が発見しました。というのも、ちょっと大げさだな。どのみち多くの人が気がついていて、飯能市でもとうぜん知っているわけです。ただ、予備知識無しで行って見つけたものだから、自分が発見したような気がするわけ。誰かを連れて行ったりしたら、私は自慢たらしく説明しますよ。

かえるの気になる俳句

  木枯らしの果てはありけり海の音  池西言水

 池西言水(1650-1722)
 昨日、えらいことを書いちゃった。これから気になる俳句をブログに載せるなんて。少し後悔している。 だいたい私は俳句をやっているといったって、ほんとうのところ何がなんだか分からないのだ。「形而上学二匹の蛇が錆びはじむ」(鳴門奈菜)、「白雲や鱒より骨も去る時ぞ」(安井洪司)など、なんのことだかさっぱり分からぬ。そんな句ばかりが多い。果たして続けられるのかなぁ。
 まあ、それでも、自分の句を書いているよりは勉強になりそうだ。

ぼんくら俳句

     門口にナースが立ちて秋日和
     散る紅葉音なく着水流れゆく
     秋夕日そんなに急いで落ちるなよ
     橋くぐり羽を広げて鷺の恋
     逃げ行けば風の落ち葉が追いかける




|

« マンネリのブログ | トップページ | 無題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58026769

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく歩こう:

« マンネリのブログ | トップページ | 無題 »