« 無題 | トップページ | シクラメンの狂い咲き »

2014年11月20日 (木)

冬支度

001

 絵は、新聞の折り込み広告写真から。

狭山ケアセンターへ。

 老人介護施設です。われわれの仲間は毎週行っているのだけれど、わたしはせいぜい月に1回です。それでも、行けば喜んでもらえます。

冬支度

 じつは昨日のブログ、タイトルを「冬支度」として書き出したのに、終わりまで、冬支度に関することは、何も書きませんでした。アレ? と思ってタイトルを無題に変えてアップしたのが実情です。
 何をしたかといえば、もちろん大したことではない。寒くなってきたので、コタツの上掛けや下敷きを洗濯したというだけです。春、仕舞う前に洗濯しているのだけれど、使う前にもう一度ということですね。

 果たして続けることが出来るかどうかわからないのだけれども、掃除嫌いの私が、せめて1週間に1度くらいは部屋に掃除機をかけようと思い、先月、それを金曜日の午前中にすることにしました。明日は金曜日なので、掃除をする日。掃除をしたあとで、コタツを出す予定。
 ちなみに、コタツは我家の主要な暖房器具です。

かえるの気になる俳句、詩歌。

  しんしんと肺碧きまで海のたび  篠原鳳作

 無季俳句の傑作中の傑作であることは、俳句をやる人ならみんな知っている。芭蕉の「古池や」の句に匹敵すると私は思う。

ぼんくら俳句

     柿多く採られもせずに柿熟るる

 私に採らせてくれればいいのにね。


|

« 無題 | トップページ | シクラメンの狂い咲き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/58043637

この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度:

« 無題 | トップページ | シクラメンの狂い咲き »