« 10月 つばさ俳句会報告 | トップページ | 大臣が代わる »

2014年10月19日 (日)

山行 皇鈴山・登谷山

山行

 東武線小川町下車、白石車庫雪バスで、打出下車。愛宕山、皇鈴山、登谷山から寄居駅へ。東武七峰めぐりの終わりの部分。登谷山からの舗装道路の下りが、ばかばかしく長い。山は静かで良いのですが、舗装道路がすぐ脇を通っていたりする。
 一行6名。

005

こんな川を渡るところから登山道が始まる。水はきれいに澄んでいる。

007

014

016

いかにも里山の風情でした。

ぼんくら俳句

       朱をつくし空に張り合う烏瓜



|

« 10月 つばさ俳句会報告 | トップページ | 大臣が代わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57727596

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 皇鈴山・登谷山:

« 10月 つばさ俳句会報告 | トップページ | 大臣が代わる »