« 渓流 | トップページ | 1日おいてから痛む筋肉 »

2014年9月 5日 (金)

秋草取り

001

 絵は錦織圭のつもりです。

「ショップみちくさ」


 「みちくさ」の畑の草が伸び放題で、どうしても、本気で抜かなくてはならない状態だ。で、今朝出かける。本気で草を抜くためには、あまり暑くならないうち、メンバーさんが来る前に始めなくてはならない。畑の雑草をあらかた抜くつもりで出かけたのだが、10時少し過ぎたころ、小指の爪が割れてしまった。血は出るし、土は沁みるし、破傷風にでもなったら大変なので、引き上げる。「みちくさ」で手を洗い、消毒をしてバンドエイドで爪を押さえる。若い頃は爪が割れるなんてことは無かったんだけれどねえ。これも齢のせいか。
 雑草は半分ほど残した。

ぼんくら俳句

      秋の草抜けば小指の爪割れる
      水引草赤白金もあるとかや
      秋なれどじわじわ暑き宵の口


|

« 渓流 | トップページ | 1日おいてから痛む筋肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57287110

この記事へのトラックバック一覧です: 秋草取り:

« 渓流 | トップページ | 1日おいてから痛む筋肉 »