« かまくら伝説 その5 | トップページ | 百蔵山 »

2014年9月13日 (土)

敬老会

      008
 

 子どもにしても頭でっかちですなあ。

敬老会

 初めて地区の敬老会に出てみた。知り合いのTさんが、お得意の漢字クイズみたいなことをやった。その中に、めずらしい苗字の問題があった。知っているのもいくつかはあったが、ほとんど知らないものばかり。その苗字と読み、次に記します。

四月一日   わたぬき  衣類から綿を抜く
栗花落     ついり   梅雨に入るころ
八月一日   ほずみ   稲の穂が出る
八月十五日  あきなか  秋の中ほど(旧暦)
十五夜     もちづき  これは当たり前
小鳥遊     たかなし  鷹がいないから
十二月三十一日  ひなし もうあとがない
一        にのまえ
十  つなし  ひとつ、ふたつ・・ここのつ、とお。つがない
い        かながしら

ぼんくら俳句

       飛行機雲秋の雲から延びにけり
       飛行機雲薄くなりゆく秋の空


    



|

« かまくら伝説 その5 | トップページ | 百蔵山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57363096

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老会:

« かまくら伝説 その5 | トップページ | 百蔵山 »