« 痔だってさ | トップページ | つばさ・夏季俳句大会 »

2014年8月15日 (金)

墓参

004

 暑いので迷ったのだが、結局墓参りに行くことにした。いつも思うのですが、葬式や墓参などは、生きている人のためにやるもので、そんなことをしたからといって、死者は嬉しくも悲しくもない。要は、こちらの気がすむかどうかなのだ。我家の墓は高尾なので、半日強かかる。ま、熱中症にならないように気を使いながら行ってきました。墓の前で、亡妻、父、母、弟たちをチョッピリ思い出して。私は、子どものころから、よほど一人で生きていくように出来ているんだなあ。(母に早く死なれ、父とは離れ、親戚の家で過ごしていた)。

駄句

     敗戦忌墓参の人は杖突いて
     秋の雲夏の雲あり秋暑し


|

« 痔だってさ | トップページ | つばさ・夏季俳句大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57089419

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参:

« 痔だってさ | トップページ | つばさ・夏季俳句大会 »