« 若いっていいね | トップページ | やはり、戦争が・・・。 »

2014年8月30日 (土)

石神井公園にて

027

 智光山公園で、走る子どもをイラスト風に。でも、真ん中の子以外は子どもに見えないなあ。子どもとしては顔と頭が小さすぎたね。

石神井公園

 石神井公園で素人画家に会った。遠慮しながら写真を撮ろうとしたら、「もっと撮れ」とけしかける。

 022

 この笠は私のために、わざわざかぶって見せたもの。日本製ではない様に思ったが、千葉県で使っているものなんだって。美しい油絵で、わざわざその絵を写真に撮れといって、自分は脇に退く。

021

「石神井公園の三宝寺池が好き。この絵は空を描きたいのだ」という。そして笠やらイーゼルやら、ひょうたんの自慢。

024

 時代のついたイーゼル。そして水筒。

023

 ひょうたんをくくりつけたり、絵の具を置いているのは、昔の人が荷物を運ぶときに使った背負子だよ。

ぼんくら俳句

      はるかなる桔梗摘みし日の山はるか
      婆乗せて爺漕ぐボート蝉時雨
      飲みすぎは分かっています蝉時雨
      水脈を引き水鳥が行きまた戻る
      黒揚羽ふと現れて秋の池
      酒飲めばみんみん蝉の鳴きやまず

 若い二人が、池の周りを散歩している。老夫婦も連れ立って、散策。好きだなあ、こういう風景。でも、私はベンチに座り、独りで酒を飲んでいる。








|

« 若いっていいね | トップページ | やはり、戦争が・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57230558

この記事へのトラックバック一覧です: 石神井公園にて:

« 若いっていいね | トップページ | やはり、戦争が・・・。 »