« 何時までも暑いね | トップページ | 川越の鷹匠? »

2014年8月22日 (金)

「おばあさん」を読む

 

本日、絵はありません。

 『おばあさん』ニェムツォブァー著、来栖継・訳、岩波文庫を読む。文庫とはいえ細かい字で約450ページ。かなりの長編である。
 チェコ人なら大概1度は読んでいると言われる小説だそうで、国民文学、日本で言えば『坊ちゃん』みたいなものか。おばあさんは、素朴で、善意に満ちて、学校の教育は受けていないけれども、経験から得た深い知恵がある。そんな主人公がチェコの片田舎で、生きて死んでいく話。こんな地味な作品が、チェコの人々に愛されるとすると、チェコ人は・・・。

秩父ミューズパーク

 秩父ミューズパークの百日紅が見ごろだとテレビで放送していたので、行って見ました。ミューズパークの裾野の方に、樹齢の若い百日紅が咲いていて、見つけるのに一苦労。普通のコースを歩いていたら見つからないね。花も、盛りを過ぎたのかな。なんにしても樹齢が若くて、草花みたいだ。
 ここから秩父市街へ歩いてゆくのは、巡礼の道を通る。秩父には巡礼の道が幾つかあるが、ここはほとんど人が通っていない荒れた道だ。倒木をまたいだりくぐったり。スパッツが欲しかったね。くもが顔にかからないように、手ごろな棒を振り回しながら下りました。結構長い道です。そういえは、地図には健脚の道と書いてあった。

006

011

012

 一番下は街中の花。何の花か知らないけれど、こっちの方がきれいだよ。

ぼんくら俳句

      人気無き巡礼古道くもの糸
 人気無きは「ヒトケナキ」と読んでください。「ニンキナキ」ではありません。









 

|

« 何時までも暑いね | トップページ | 川越の鷹匠? »

コメント

ハツユキソウ(初雪草)です。
真夏の花?なのに、白い縁取りの葉が・・・名前としては良い名ですよね。ポインセチアの仲間だそうです。
この夏は、猛暑に疲れてます。北アルプスに避難したいーよ。
かたや、豪雨で多くの方がなくなり、ニュース見るのもつらいですね。

投稿: isoji | 2014年8月22日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/57156159

この記事へのトラックバック一覧です: 「おばあさん」を読む:

« 何時までも暑いね | トップページ | 川越の鷹匠? »