« 日打山・妙高山、山行。続き | トップページ | 七夕は裏方だけで見ず仕舞い »

2014年8月 2日 (土)

入間川の七夕

003

 絵は妙高山の登山道。岩のゴロゴロした陰気な谷歩きを抜け、草原の斜面に出た辺り。全部こんな道だったら楽しいのだけれど・・・。

○ 今日の昼から狭山市の七夕が始まる。七夕通り11時から交通規制で、いっせいに七夕飾りを道路を横断して揚げる。11時からV連男子3人と、社協職員で飾りを揚げる。暑い、暑い。

001

 この面は社協。裏はV連。つまり、私たちが作ったもの。
                                    
002

 これから狭山市の七夕祭りが始まる。狭山市の七夕、元は入間川の七夕と言った。歴史は江戸時代に始まる。平塚の七夕より古いのです。でも、街のちからが違うから、とても一緒にはなりません。それでも、西武線沿線では有名です。
 夜10時に交通規制が解除になる。で、この飾り、一度下ろさなくてはならない。9時半にその作業をする。つまり、私はもう一度出かけたと言うこと。

005

 これは9時15分ころの様子。明日の11時、また揚げに行かなくてはならない。

駄句

     三日月を残して花火果てにけり







|

« 日打山・妙高山、山行。続き | トップページ | 七夕は裏方だけで見ず仕舞い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56973267

この記事へのトラックバック一覧です: 入間川の七夕:

« 日打山・妙高山、山行。続き | トップページ | 七夕は裏方だけで見ず仕舞い »