« 住所録作り | トップページ | 立ち読みをして本を買う »

2014年6月24日 (火)

集中砲火

6月24日(火)

001

 秩父の寺、岩上堂という名前だったかな。

○ 俳句大会の案内状、送付者の名簿、などの点検をしてもらうため3名の方に、資料を送る。たとえば名簿、この1年で物故されているのに、私が気がつかないなんてことがあるんですよね。新しく名簿に加えるべき人、削除すべき人などの問い合わせ。案内状の文言その他、聞きたいことが沢山あるわけです。どの人にどういうことを聞きたいか、なども文章にして発送する。それだけで昼までかかりましたね。

○ 買い物をして、後はごろ寝だ。ごろ寝してテレビを見ていると、どの局も都議会のセクハラ発言ばかり。もちろんあんな野次許されるべきではないと思いますよ。でもね、ほかの問題だって沢山あるんだよ。マスコミは、都議会の野次一辺倒だ。

 思うに、あの野次を取り上げて非難している限りは、誰も反対しない。非難することで、自分は正義の味方のような気分になれる。自分は安全な位置にいて、他人を非難してさえいればいいのです。だから、下手をすれば自分も似たようなことを言い出しかねなかった人まで、一緒になって非難する。あるいは、そういう人の声が一番大きい。これって、いじめでしょう?

 こんな書き方は危ない。それじゃあお前はあの野次を認めるのか、などという人が出てくるのです。認めはしませんよ。認めませんが、付和雷同で人を非難するそういう風潮が厭なのです。野次をした議員は集中砲火を浴びています。

 件の議員は会派を離脱するが議員は辞めないそうです。しかし、いずれ風圧に耐えかねてやめるのではないかと私は思っています。やめてしかるべきでしょう。

 でもね、マスコミは集団的自衛権については、それほど熱心に取り上げていません。本当は大問題なのにね。安倍さんは戦争も出来る普通の国になりたいわけです。私は戦争は絶対悪だと思っています。普通の国になんかならなくてもいいんです。戦争になっても、自分で鉄砲担ぐ必要のない人が、あれこれ議論をしているのです。集団的自衛権の行使については、賛成しても反対しても、非難を浴びるでしょう。だから沈黙するんですね。誰からも攻撃されないセクハラ野次は、安心して大声で非難できるというわけです。

駄句

     暴れ梅雨雀弾丸のごとく飛ぶ
     あじさいの色して手すりの雫かな

|

« 住所録作り | トップページ | 立ち読みをして本を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56599105

この記事へのトラックバック一覧です: 集中砲火:

« 住所録作り | トップページ | 立ち読みをして本を買う »