« 一人吟行 | トップページ | 老眼とボケ同時進行 »

2014年6月 2日 (月)

人口が減るんだもん

6月2日(月)

008

 絵はJR東京の宣伝ポスターから

○ 精障者作業所ショップみちくさへ。
 コンパネの本棚が完成し、こぶし福祉会本部へ持っていき、取り付ける。

006 
 今日取り付けた本棚

007
 先日取り付けた本棚

○ 先日、若い女性が居なくなるために消滅が予想される自治体が多いことが報告され、話題になった。各自治体も、政府もそれなりに対策を立てるだろうから、予想通りに自治体が消滅するとは限らないが、日本の女性が生涯に2人以上の子どもを生むまでに回復するのは、相当先のことでしょう。これからも人口は減り続けるだろう。

 女性がなぜ産まなくなったのか。理由はいろいろあるでしょうが、結婚して子どもを生めば、育児のため退職を余儀なくされ、その後は、パートの小母さん以外の職種にはつけなくなるというのも大きな理由でしょう。今頃になって、考え直そうという機運があるように思いますが、遅すぎたし、その意識もまだまだですねえ。こんな社会を作ってきたのは、企業の理屈でしょう。政治は常に、企業の理屈に流されてきた、と私は思います。

 安倍さんは経済政策を推し進めるといって、いくらか物価が上がったことを歓迎して、はしゃいでいますけれど、本当にそれでいいのでしょうかねえ。消費税が上がり、物価が上がり、年金生活者の年金は減らされ、企業の税金は安くなる。大企業が儲かって、大企業に勤める人の給料も少し上がって、それで、めでたしめでたしなのですか。

 企業は安い労働力を求めて、海外に生産拠点を移している。国内では、リストラが続く。かっては会社に多大な貢献をした人でも、リストラの憂き目に遭う。そんな人がホームレスになったりする。それを人は自己責任などという。おかしくないですか。

 山歩きなどをしていると、ちょっとした脇道に柵などがしてあって、「危険ですから入らないで」などと書いてあったりする。池のほとりにはロープが張られて「なかに入らないでください」などと書いてある。その注意書きを守っていれば、自己責任なんて、何にもなくなるんだ。私などは、廃道と標識のある道に入ってみたりするけれど、自己責任というのは、そういうところにあるのではないか。一度就職に失敗したり、企業の都合でリストラされた人に使うことばではないと思う。

 経済成長を永遠に続けるなどと言うのは無理な話で、まして人口減が避けられないという時代、一時的な経済成長に浮かれていていいはずが無い。われわれが幸せに暮らすために必要なものは、経済成長が第一であるというような考えは、いい加減に捨てるほうがいい。落ちこぼればかり作る社会、会社や社会に貢献した人まで落ちこぼれにする社会、そんな社会がいい社会のはずが無い。

 普通の人が、普通に暮らして幸せになれる社会で無かったら駄目だよ。企業が儲かればいいというものではない。人口減という現実を受け止めて、経済成長は続かないという現実を受け止めて、それでなお人々が幸せになるにはどうしたらいいか、それを探るのが政治でしょう。安倍さん、経済成長では駄目だよ。

駄句
     真夏日の予報畑は早朝に
     蝶の時間過ぎたり暑し暑し
     








 

|

« 一人吟行 | トップページ | 老眼とボケ同時進行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56387957

この記事へのトラックバック一覧です: 人口が減るんだもん:

« 一人吟行 | トップページ | 老眼とボケ同時進行 »