« 第2菖蒲園 | トップページ | 人口が減るんだもん »

2014年6月 1日 (日)

一人吟行

6月1日(日)

 今日はスケッチ無しです。

○ マンション外回り清掃日。私は生垣の刈り込みをする。去年しっかりやってあったので、今年は楽でした。10時くらいには作業が終わり、理事長から新住民の紹介があり、あとは例年通り日陰にブルーシートを敷いて、宴会が始まる。
 いつもこのブログを読んでくれて、私の酒好きを知っている人は、意外に感じるかもしれませんが、こんな場合、私はさっさと消えてしまいます。親交を深める場ではあるのですが、私は早く部屋に帰って、寝転がってテレビでも見ているほうがいいのです。
 昼頃になって、玄関のブザーを押す人がいる。出てみると、今年の役員さんで、宴会にでなかったからと言って、缶ビールを持ってきてくれました。もちろんこれは、ありがたく頂戴しました。

○ 午後、一人吟行。といっても、実は稲荷山公園駅から西武線に乗って、西武秩父までを往復するだけ。私はたまにこれをやります。不思議なことに、ボーとしてワンカップでも飲みながらぼんやり景色を見ていると、俳句が涌いてくるんですねえ。まあ、駄句ばかりですけれど・・・・。

駄句 
     太陽を恋するポピー河川敷
     死はいつも隣にありぬ蠅叩き
     研ぎあげし包丁を手に初鰹
     遠山は青近くは緑夏深む
     山麓に屋根散らばりて青葉山
     濃き薄き緑幾層ホトトギス
     畑ありて家々ありて山茂る
     双子山二瘤ありて茂るなり
     山々の奥に山あり夏の雲
     炎天や座って旅の出来る世ぞ
     沿線に誰か種蒔く夏の花
     帰宅して帽子から飛ぶ天道虫

|

« 第2菖蒲園 | トップページ | 人口が減るんだもん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56377156

この記事へのトラックバック一覧です: 一人吟行:

« 第2菖蒲園 | トップページ | 人口が減るんだもん »