« 『しなやかな日本列島の作り方』 | トップページ | お爺ちゃん、遅れないでね »

2014年6月12日 (木)

豊島園、石神井公園

6月12日(木)

052

 絵は狭山市内

○ 豊島園、石神井公園

 朝、盛んに雨が降っていましたが、予報ではまもなくやむし、薄日も差すかもしれないといっていました。そのつもりで出かける。でも、豊島園に着いたら、まだ雨が降っていました。アジサイを見るつもりで来たのだから、まあいいのだけれど・・・。

008

016

 あじさいを見ると思い出す詩がある。三好達治の「乳母車」という詩である。その一節に「あじさいいろのものの降るなり」とある。ただし私の引用は正確ではない。漢字と仮名のバランスはどうだったのか、記憶にはない。横着だからあらためて調べもせずに、ブログに載せてしまいます。
 それはともかく、「あじさいいろ」とはどんな色でしょうかね。私には薄い赤紫のように思えます。漢字で書けば「紫陽花」だしね。
 俳句では「紫陽花」のことを「七変化」ということがあります。色が変わるからね。「頑固にはなれぬ弱さや七変化」(ぼんくらカエル)ハハ、自分の俳句を出しちゃった。頑固な強さを持てないのは、紫陽花ではなく私自身です。

 ばら色というのも、よく使うことばですが迷います。バラにはいろいろな色があって、どれが本来のばら色なの? という気分になる。ピンクに近い色だとは思いますけれどね。「ばらは鴇いろほんのりあかい」北原白秋の詩です。例によって、漢字と仮名はどうだったか分かりません。「バラ園にばら色のバラありにけり」(ぼんくらカエル)又、かえるの俳句を出しちゃった。

020

 石神井公園、石神井池
 石神井公園についても、まだ雨の中です。

029

 石神井公園、三宝寺池

026

027

051

 石神井公園の紫陽花

駄句

     波のごとく雨降り続く立葵
     ビニール傘透けて紫陽花青きかな
     五月雨に濡れて人無き遊歩道
























|

« 『しなやかな日本列島の作り方』 | トップページ | お爺ちゃん、遅れないでね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56479973

この記事へのトラックバック一覧です: 豊島園、石神井公園:

« 『しなやかな日本列島の作り方』 | トップページ | お爺ちゃん、遅れないでね »