« 山行 蕨山 | トップページ | ひねりだすつらさ »

2014年5月 8日 (木)

認知症ケアの講演会

5月8日(木)

001
 宮沢湖の湖尻 上高地の大正池のように、水の中に木が生えています。ここだけではなく、何本もね。

○ 講演会 「地域のちからの生かし方」

         市民センターコミュニティホール

 講師 伊東市民病院臨床研修センター長 八森 淳
     エイチツーオー総合研究所    大友 路子

 主として認知症の人を地域でどうサポートするかと言う問題。神経細胞のような絵を使って、中心に認知症の老人をおき、神経の延びた先に問題を書き込んでいき、小グループでそれについて感じたこと、考えたことを述べる演習。演習なんて古いことば、今はシュミレーションと言うのかな。

 昔本で読んだKJ法と似ている。KJ法は具体的な問題を束ねていって、大きな問題にたどり着くのだったと思うが、今度の方法は、大きな問題を細かく分けていく、そうしながら全体を見ると言う方法でした。・・・私の理解の仕方は、正しくないかもしれませんけれどね。

 私も地元、狭山台1丁目なら1丁目で動かなくてはいけないのかと思うことは思うのですが、今かかわっていることを放り出すと言うわけにも行かないし、ボラ以外の時間も欲しいしね。まあ、なるようになるか。まもなくこちらが、介護される身分になるんだ・・・と、思考を途中で放棄するのが、私の日常であります。

駄句

    マンションの窓を揺らせる青嵐

 

 

|

« 山行 蕨山 | トップページ | ひねりだすつらさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/56116622

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症ケアの講演会:

« 山行 蕨山 | トップページ | ひねりだすつらさ »