« 車椅子と仲間の会 | トップページ | 心も軽く身も軽く »

2014年3月 3日 (月)

夜中の画家

3月3日(月)

001

 宮沢湖畔

 この絵、今朝2時ごろ描きました。昨日何時に寝たのか覚えていない。きっとかなり早かったのだろう。1時半ごろ目が覚めて、それっきりしばらく寝られませんでした。それならばと思って、2時ごろから絵を描き出しました。どのくらいかかったかねえ。描き終わるころには眠くなって、朝まで、うつらうつらと、たくさん夢を見て、6時ごろ起きました。

 寝ぼけ眼で描いた絵と、普段の絵と、どっちがいいんだろうね。え? どっちも悪い? まあ、そうでしょうな。

○精障者作業所「みちくさ」でボラ。

○私には関係ないけれど、今日はひな祭りなんですね。

 私の田舎は貧しい東北の農村だったせいか、子どものころ、ひな祭りをやっている家なんて見たことがありません。戦後すぐだったせいかなあ。

 ひな祭りだけではない。クリスマスも無かったし、誕生日のお祝いなんていうのも無かったよ。

 正月、お盆、村祭り。そのほかに、何があったんだろう。そうだ、小学校の運動会。これは一大行事でした。そういえば、学芸会もそうでしたね。

駄句

     雛の日の小雨を厭うだけの爺
     瘡蓋のやっと剥がれて雛の日

|

« 車椅子と仲間の会 | トップページ | 心も軽く身も軽く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/55223015

この記事へのトラックバック一覧です: 夜中の画家:

« 車椅子と仲間の会 | トップページ | 心も軽く身も軽く »