« 一番下の孫が来ました | トップページ | 毎日寒いね »

2014年2月12日 (水)

今日の自句自解

2月12日(水)

 俳句の素人の私などが自句自解するのを許してください。本当は山行をしたのでそれを書くべきなのですが、山行の写真を処理する時間がもうありません。つまり、眠いんだよ。 
 その理由。TBSテレビ未来遺産「脳科学ミステリー」を見てしまったので、深夜になりました。爺の普段の生活では、とっくに寝ている時間です。大脳の問題は興味があって、4時間番組を最後まで見てしまいました。

 山行は、天覧山、多峰之主山、御岳八幡です。Aさん、Kさん同行。写真などは、いずれまた、と言う感じ。

 とりあえず、今日の俳句

    残雪の山にふくらむ藪椿
    残雪や空に筋雲拡がりぬ
    残雪の山や歩幅を狭くして
    ぐずぐずと雪は崩れる春の山
    山靴は雪を崩して登りけり

 今日作った5句。1句目、季重なりですが、やむをえないと私は思っています。この5句の中で残すとすれば、2句目と3句目と思っています。「空に筋雲拡がりぬ」では「空」が無駄なことばと思います。しかし「残雪の山や筋雲拡がりぬ」では、なんとなくしっくりこないので、後で推敲するとして、とりあえずこのまま。

 その他の句、省略。寝ます。      

|

« 一番下の孫が来ました | トップページ | 毎日寒いね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54970092

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の自句自解:

« 一番下の孫が来ました | トップページ | 毎日寒いね »