« かくして私のアルチューは進化するのです | トップページ | 俺は雪かき爺だぞ »

2014年2月16日 (日)

今日も雪かき・なんでもかきますわよ

2月16日(日)

004
 雪を含んだ池(長瀞)
雪の色は薄い青を使う方が本当の色に近いと思います。しかしそれではあまりに寒々とした絵になるので、私はもっぱら薄い紫を使います。

雪かき

 昨日の行動のせいで、ズボンやらシャツやら、洗濯物が山ほど出ました。午前中は洗濯やら買い物やら、家事一般。
 洗濯物を干しながら、ベランダから、マンション脇の歩道を見ると、まだ雪かきがされていません。あそこのマンションは大勢いるのに(80世帯)誰も雪き掻きをしないなんていわれるのは癪だから、午後は歩道の雪かき。

002

 ちょっとは自慢したいネエ。この歩道の雪かき77歳の爺が一人でやったんだよ。この写真をよく見ると人が二人見えて先の人は黄色いシャツを着ている。私が雪かきをしたのは、そのまた先の信号のあるところまでなんだ。われながら、大した元気だ。誰も誉めてくれないから、自分で誉めるしか無いや。
 それにしても雪かきをしているところを通り抜ける人、知り合い以外は、ほとんど無言ですね。特に若い人、通りやすいように雪かきの手を休めて脇に寄っても、何も言わずに通りすぎてゆく。こちらが脇に寄ったのだから、「すみません」くらい言ったらよさそうだけれど、それもない。知らない人には声をかけないと言うルールでもあるのかね。

 まあそれは年寄りの僻みとして、私は何でもかきますなあ。ブログを書く。絵を描く。頭を搔く。恥を搔く。義理なんぞはとっくに欠いているしね。新しく、雪も搔く事になりました。

    春の雪搔けば光の暖かく



 

|

« かくして私のアルチューは進化するのです | トップページ | 俺は雪かき爺だぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/55021436

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も雪かき・なんでもかきますわよ:

« かくして私のアルチューは進化するのです | トップページ | 俺は雪かき爺だぞ »