« 酒の話をもう少し | トップページ | さよならは柔らかいことば »

2014年1月29日 (水)

秩父の散歩

1月29日(水)

先日行った宝登山です

034

秩父市、荒川の河川敷散歩

 秩父市の荒川には大きなつり橋があります。そこから川伝いに上流へ移動して最初の橋・・・こんな説明をするのは橋の名前も町名も覚えてこなかったから・・・とにかくその上流の橋から、大きなつり橋のあるところまで、荒川の河原を歩いてきました。ややっこしい説明だけれど、分かりますかネエ。

 そこには新しく出来た(と言っても、ずいぶん昔)高い橋と、昔からある低い橋があります。橋が2重になっていると言う感じ。ちちぶしには、こんな感じの橋が多い。
 その低い橋のそばから、河原に無理をして下りました。下りるべきところではないのですが、何とかなると思ったのです。でも、無理でしたね。途中で転んで、1回転して軟着陸。どこかで傷を作り、左手小指の先から血が出ていました。バンドエイドでもあればよかったのだけれども、あいにく無いので、ティシュペーパーで抑えて止血。

 それだけ苦労して降りたのだから、ラフスケッチくらいはしなくてはいけません。河川敷の石に座って、酒を飲みながら食事をし、食事をしながらスケッチ。

      035

 ここから、吊り橋のところまで、河原の石の上を歩きました。河原には明らかに車の通った後があり、車が入る以上は登るところがあるはずなので、進んでいくと、吊り橋の近くで上に出られました。

001

010

 帰りには芦ヶ久保駅で途中下車。新聞で紹介されていた、人工的に作られた芦ヶ久保の氷柱を見てきました。以前に見た三十槌(ミソツチ)の氷柱は天然の氷柱で、それに比べると、芦ヶ久保のはなんといっても、わざとらしい。入場料200円。ただし、甘酒などがつきます。

027

      030

今日の駄句

 寒の朝開店前の長い列
        駅前のパチンコ屋
 枯れ草や老婆一人で坂登る
 沿線に山羊繋がれて枯れ尾花
 トンネルを抜ければ強し冬日射し
 トンネルを出てトンネルに冬の旅
 1月の秩父の川の美しき
 1月の空旧道の橋低し
 春めくや少女のリボン蝶結び
 さよならは柔らかなことば春の風
        春ではないが、昨日今日は春の陽気
 

|

« 酒の話をもう少し | トップページ | さよならは柔らかいことば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54791127

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の散歩:

« 酒の話をもう少し | トップページ | さよならは柔らかいことば »