« 寒満月 | トップページ | 新年句会報告 »

2014年1月17日 (金)

ナショナリズムにならないで

1月17日(金)

高台から見下ろした風景
002

○狭山台胃腸科外科へ。いつもの血圧の薬をもらいに。

○ボランティア団体連絡会の世話人会出席。

○ナショナリズムにならないで!
 中国や韓国がナショナリズムになって嫌日を煽っているからといって、日本は、嫌中国、嫌韓国にならないで欲しい。いがみ合うことによっては何も生まれない。一発触発の危機は避けるべきものであって、煽ってはいけない。一部の人は、まるで楽しんでいるように見える。マスコミの一部も煽っていますね。危険です。せめて日本は冷静でいて欲しい。
 安倍首相は思慮が足りない。靖国参拝を非難するのは、中国や韓国の、日本批判のカードだ
。いたずらに、相手にカードを切らせるようなことをして、瀬戸際外交をしようというのでは、北朝鮮と大して変わらなくなってしまうではないか。それを承知の上で安倍首相は参拝をした。非難は覚悟の上であろう。でもね、あえてそれをするほど、靖国参拝は重要なことなのか。安倍総理にとっては重要なんでしょうね。「国のために尊い命をささげた人々」を参拝するのは、どこの国でもやっていると言うわけだ。そういわれれば、もっとものように思える。
 とはいうけれど、それは違うんだよ。靖国神社には、戦犯も一緒に祭られているじゃないか。安倍総理の中では戦犯は戦勝国が作ったものと言う思いがあるだろう。しかしそれは、日本の中でしか通用しない考えだ。戦犯は、国際法上の犯罪者なのだ。そのことを忘れてはいけない。どんな理由をつけようと、日本は外国で戦争をしていたのだ。負け戦になってから、沖縄での戦いはあったけれど、日本は侵略をしていたのだ。認めたくなくても、事実は事実として認めるしかないじゃないか。
 総理の行動は困ったものだが、国民は冷静に行きたいものだ。日本を戦争に導いたのは、思慮の足りない、むやみに高揚したナショナリズムだと思っている。ナショナリズムは私の最も嫌うものである。

     冬雲の静かに動く朝の窓
     花の鉢窓際に置き日向ぼこ

 

|

« 寒満月 | トップページ | 新年句会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54646953

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナリズムにならないで:

« 寒満月 | トップページ | 新年句会報告 »