« 今年読んだ本の中から『里山資本主義』 | トップページ | 糖質ダイエット否か応か »

2013年12月16日 (月)

中くらいの貧乏

12月16日(月)

Img135
娘と孫ですね。これでは何のことか分からないでしょう。

精障者作業所みちくさへ。M
 M
さん、「ストレスがあるから寒明け刷りの練習をしたい」という。そこで適当な垂木を用意して削ってもらう。この前ちょっと練習しただけなので、なかなか上手く削れない。それでも1時間がんばって、最後にはだいぶ上手くなった。ストレスが取れたという。

貧乏も中くらい
 私はよく貧乏だといいますが、どのくらいの貧乏かを言うために、食べる魚について書いてみます。昨日刺身を買いました。刺身を食べるなんて、今年の正月以来です。ほとんど1年ぶりです。回転寿司なら食べますけどね。
 普段買う魚といえば、いわし、さんま、あじ、いか、さばの切り身、切り身の鮭、同じく子持ちカレーの切り身、くらいです。あとは缶詰類。以上で私の買う魚の9割を超えるでしょう。
 そのほかでは、ちょっと奮発をしてぶりを買うことがあります。今年はぶりが安いので助かります。これは切り身を買うことはめったに無くて、落しを買います。ぶり大根のするのです。それと、
1年に2回か3回くらい中国産のうなぎを買うかな。もったいなくて、1匹を1度では食べられません。半分にして、卵とじで食べます。
 それでも毎日、肉か魚、あるいはその両方を食べているわけで、一茶の言う中くらいの貧乏かと思います。江戸時代の国学者、橘暁覧よりは豊かでしょう。

 貧しさも中くらいなりおらが春    一茶
 まれに魚煮て子等が皆
     うましうましと言いて食う時  橘暁覧
           (現代かな使いにしてあります)

     枯れ落葉に埋もれて芽吹く青菜の芽
        ぼんくらかえるの句は、いつも苦し紛れ
        今日、みちくさの畑で大根の葉が近くの
        雑木林の葉で埋もれていました。

 

 

 

|

« 今年読んだ本の中から『里山資本主義』 | トップページ | 糖質ダイエット否か応か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54278265

この記事へのトラックバック一覧です: 中くらいの貧乏:

« 今年読んだ本の中から『里山資本主義』 | トップページ | 糖質ダイエット否か応か »