« 空気と言うもの | トップページ | 玉川上水散歩 »

2013年12月12日 (木)

空気と言うもの

12月12日(木)

Img129

Img130Img131

上は智光山公園、今朝起き抜けに描いたもの。下は今日の午後、入間川でスケッチ。鉛筆やペンを使わなければ、出来はともかく、早く描けますね。

 読み終わってから少し日がたちましたが、『空気の研究』山本七平著、文春文庫を読む。ちょっと難しいけれども、日本を動かしているのは空気だと言うのは、その通りでしょうね。今だに私たちは、空気に支配される。アベノミックスなんてね。
 
国会では秘密保護法を通す空気。原発を再稼動する空気。国会には国民と別の空気があるのでしょう。
 本当は空気に支配されてはいけないのだけれど、私なども、それから逃れることはできません。
 私が折に触れて自戒すること、それは「皆が同じ方向に向かいだしたら危ない」、「皆が同じ事を言い出したら危ない」。それが空気です。

午前、V連役員を中心に、社協の地下のロッカールーム整頓整理。捨てるもの多し。

午後、入間川散歩。

    冬の午後花壇作りの居る河原
    ひたひたと背なに迫り来年の暮








|

« 空気と言うもの | トップページ | 玉川上水散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54235981

この記事へのトラックバック一覧です: 空気と言うもの:

« 空気と言うもの | トップページ | 玉川上水散歩 »