« 中くらいの貧乏 | トップページ | 絵も変化する »

2013年12月17日 (火)

糖質ダイエット否か応か

12月17日(火)

 年をとって目覚めが早くなり、その時間を利用して絵を描きそれをブログに載せています。しかしこの数日なぜか目覚めが遅い。今日はついに絵を描く時間がありませんでした。

 寝坊をして、血圧の検診でかかりつけ医に行ったり、家事、買い物をしたりで午前中は終わる。午後は散歩をしたり、調髪に行ったりで終わりました。

 この前『炭水化物が人類を滅ぼす』夏井睦・著を読んだのですが、今は『本当は怖い糖質ダイエット』岡本卓・著を読んでいます。糖質ダイエット否か応かですが、専門的なことは、本を読んでもよく分かりません。糖質ダイエットをすれば、短期間で痩せられることは両者とも認めています。しかし長期続けても応というのが夏井さん。否というのが岡本さん。
 私はかかりつけ医に少し痩せろといわれていて、去年の12月から少しダイエットをしました。今年の夏には5キロくらい痩せて、かかりつけ医は後1キロというのですが、私はもういいと思っています。去年の私の体重は70キロから71キロ、現在は66キロ台です。身長は若い頃より2センチちじんで169センチ、肥満度を示すBM I(体重÷身長÷身長)は23と少し。正常範囲です。後は現状維持するだけでいいと私は思っています。
 私のダイエット方法は緩やかな糖質制限でした。私はご飯を食べるのは朝だけなのですが、米を2合炊いてそれを4等分して食べていました。ダイエット中は二合の米を等分しました。後は酒のつまみにせんべいなどを食べないようにしたというのが、私の糖質制限です。
 甘いもの、特に餡こなど好きですし、料理に砂糖も使いました。バナナも芋も食べるしね。果物も食べる。何が糖質ダイエットだか分かりませんが、穀物だけは減らしました。それでまあ、痩せたので、今は二合の米を五つに分けて食べています。六等分してしまうと、あまりにご飯が少なくて物足りなかったのですが、五等分だとご飯を食べた気がします。
 ついでながら、ご飯は土鍋で炊いています。炊飯器を使うよりずっと美味しいね。私の場合、二合炊いて一食分だけてべて後は小分けにして冷凍するのだけれど、これを解凍して食べるとき、土鍋のご飯の美味しさが際立ちますね。
 本の感想も書かないとね。極端な糖質制限はやはりいけないと思います。どんなダイエットでも、栄養のバランスは考えないと・・・。

    犬2匹一人で連れて落ち葉道
    落ち葉道長き我が影踏んでゆく
    人類の歴史の途中に冬の我

|

« 中くらいの貧乏 | トップページ | 絵も変化する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/54291417

この記事へのトラックバック一覧です: 糖質ダイエット否か応か:

« 中くらいの貧乏 | トップページ | 絵も変化する »