« 『読みの整理学』・二宮金次郎は薪を背負って音読? | トップページ | 歩く会 »

2013年9月21日 (土)

つばさ俳句会報告

9月21日(土)

Img048

大宮公園です

つばさ俳句会報告

本当は報告なんてしたくない。散々な成績でした。

私の句は

 チングルマ阿弥陀ヶ池に霧立ちぬ  2点、
 湿原の木道のうえ赤とんぼ      1点
 夜の秋秘湯の宿の水の音      0点
 淋しさにタカネナデシコ寄り沿いぬ 0点

高得点句

 桃匂ふ手のひら二枚月命日  綾子
 走者あり白髪白シャツ日照り雨  柳二
 空蝉の体内に入る夕日かな  三郎
 人間の命短くて桐の秋  美智子
 からすうりのはな見て来しは言わず  京子
 座っているだけでよろしい生身魂  美智子
 新涼や白木の匂う大社  令子
 誉め合いて人生後期夕薄暮  綾子
 自転車のドミノ倒しに秋暑し  綾子
 かなかなや保護されました迷子の子  たつ子

今日の私の句
 

   まだ残暑続くつもりの彼岸かな
           季重なりですけれどね

ここまで書いたら電話がかかってきて、今夜は1丁目自治会の役員会でした。失念。

|

« 『読みの整理学』・二宮金次郎は薪を背負って音読? | トップページ | 歩く会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/53340617

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会報告:

« 『読みの整理学』・二宮金次郎は薪を背負って音読? | トップページ | 歩く会 »