« 脳みそが茹っている | トップページ | 感覚で分かることと、知識として分かること »

2013年8月31日 (土)

庶民は戦争をしたくない

8月31日(土)

Img026
上長瀞付近。パステル画って難しいね。

   照り返すこれで残暑とはこはいかに
   緑陰にチューハイ飲んで人心地
   自転車を漕ぐ暑き8月尽きるまで
   抱き上げる水浴びをする裸の子
   せせらぎに桜落葉の二つ三つ

俳句は上の絵とは関係ありません。

 アメリカはシリアに軍事介入するのかな。イギリスは議会の違反対多数で不介入に。フランスは介入賛成のようだが、国民の多数は介入反対のようだ。アメリカだって、国民は反対意見のほうが多い。日本はアメリカの行動がどうなっても、それに賛成するのでしょう。

 各国とも、いまや国民ほうがさめている。戦争をしたがるのは、どの国でも指導者のほうだ。人の生死を員数でしか考えない人たちである。
 個人個人は、みんな自分の悩みや自分の希望を持っている。でも、戦争の指導者にとっては、それは員数でしかない。何人死んで4何人残った・・。
 そんな員数になりたい人がいるだろうか。指導者とは、自分が員数にならない人たちである。

|

« 脳みそが茹っている | トップページ | 感覚で分かることと、知識として分かること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/53098611

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民は戦争をしたくない:

« 脳みそが茹っている | トップページ | 感覚で分かることと、知識として分かること »