« 七夕飾り完成 | トップページ | 迷惑メール »

2013年7月27日 (土)

狭山台ふるさと祭り

7月27日(土)

開始までしばしテントで夏祭り

Img017
一昨日の榛名富士とは、ちょっと位置を変えた眺望。

○狭山台ふるさと祭り

朝から手伝い。と言っても私が会場に着いたのは9時半。テントはすでに立てられていました。それから多少の用事はあったのですが、おおむね暇。午後2時の祭り開始まで、まあ、言ってみればぶらぶらしていました。

その間、狭山市障害者団体連合会(狭障連)が出しものを出すというので、私に出来ることがあったら手伝おうと思って、たびたびそちらのテントに行く。出も、なーんにもないんですね。人も来ないし。

午後になれば、狭山台1丁目のテントで、私の持ち場もありますから、よそへはいけません。

午後1時半頃、Nさんが見えたので1丁目のテントから声をかけたのですが、狭障連のほう、まだ来ていないという。午後3時近く、もう一度Nさんが来て、何もはじまらないので帰るという。その後のことは分かりません。私はジュース、お茶、発泡酒などを売っておりました。

開会前の様子
Img_7592
これがメイン会場。狭山台の野球場をこの字型に囲みテントが張られています。

Img_7593
その横のやっと2車線の道路沿いにもテント。

Img_7591
我が1丁目自治会は、もっとも場末の横の路地。それでも祭りが始まると、ご覧の通りの賑わい。
Img_7594

ところがねえ、6時半いきなりの突風と雷雨。みんなでテントが飛ばされないように抑える騒ぎ。祭りは中止。

Img_7595
この写真では分かりにくいと思いますが、手前の旗の向こうでは、メイン会場の、端から2番目のテントが潰れてしまいました。私たちのテントがたおれないように必死にしがみつきながら、片手で撮った写真です。

それからはもう大変ですよ。とにかくテントの脚を折って低くするために必要な作業をして、売れ残りの生ビールやら唐揚げやらを、みんなで平らげ、唐揚げなど、余ったものはおみやげにして、テントをたたむ。

終わったら、体はびしょ濡れ。たとえていえば、衣服をつけたまま川に飛び込んだような状態。その状態で、雨に打たれながら、家まで歩いて帰る。10分くらいあるのかな。帰ってすぐ、熱いシャワーを浴びて、風呂を沸かす。

風邪を引きそうな予感がしないのは、76才の割りにはオレも丈夫だねえ。   

|

« 七夕飾り完成 | トップページ | 迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/52632774

この記事へのトラックバック一覧です: 狭山台ふるさと祭り:

« 七夕飾り完成 | トップページ | 迷惑メール »