« なにもありません | トップページ | 子供は裸で水遊び »

2013年6月 7日 (金)

稲荷山公園菖蒲園

6月7日(土)

駄句駄句

木道や蛙図太き声で鳴く
植えられて丈の揃いし苗並ぶ
せせらぎに水あふれたり田植え時
菖蒲園ケータイデジカメカメラマン
菖蒲園見下ろす道を歩く人
愛されてわが街にある菖蒲園
菖蒲園木道直す人もあり
木道はせせらぎ沿いに糸トンボ
花の木のさくらんぼ採る老夫婦
残り鴨水尾も引かず泳ぎけり
静かなる沼に残り鴨静かなり

まさに駄句駄句。ブログに載せるのは、俳句の第1稿です。そこから選んで、推敲したりして、どこかに投稿したりするわけです。私の場合、ほとんど「つばさ俳句会」だけですけれどね。

Img002

Img_7372
Img_7376
上の2つの写真は・智光山公園第2菖蒲園のもの。その上の絵は彩の森公園。なんでこんな風になったのか?不問にしましょう。ブログなんて、私はやっと書いているだけなのだから。

Img_7378Img_7387
こちらは本当の(?)菖蒲園。

東村山の「北山公園」だったかな、近くにももっと立派な菖蒲園があります。ちゃちではありますが、狭山市の智光山公園の菖蒲、今が見頃です。

菖蒲というのは日本人に愛された花なんですかねえ。桜ほどではないにしても、各地に「菖蒲園」がありますね。「たんぽぽ園」なんて言うのは何処にもないけれどね。

私はこういう写真を撮りたがりますが、菖蒲だけを撮る気ははあまり無いのです。菖蒲をカメラで撮ろうとする人を撮りたいとか、描く人を撮りたいとか、見ながら歩く人を撮りたいとか言う気持ちがあります。人に興味があるのかな。

私の風景画には、点景としての人間がでてきます。今日のスケッチにも人間が登場していますよね。

ところで、アヤメ、カキツバタ、ショウブの違いは、何回聞いても忘れます。同じような例では、コブシとハクモクレン,ツツジとサツキなどがあります。花ではないけれど、ヒノキとアスナロとヒバ、分かりませんねえ。材木になっていれば、ヒノキは分かるんですけどね。

   

|

« なにもありません | トップページ | 子供は裸で水遊び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/51950822

この記事へのトラックバック一覧です: 稲荷山公園菖蒲園:

« なにもありません | トップページ | 子供は裸で水遊び »