« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

孫は元気

6月30日(日)

梅雨明けはまだか今日の俳句はまだ出来ぬ

苦し紛れにこんな俳句も作っちゃう。何でもかんでも、一日一句は作りましょうの精神なのだ。

Img021
ブラジルの少年。新聞写真から。

○所沢の孫に会いに行く。孫は元気。一緒に遊ぶと疲れる。

今日のブログはこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

何を書こうか

6月29日(土)

人形の髪の乱れて梅雨晴間

Img020

今日は午後9時から我がマンションの管理組合役員会があります。このブログはその前に書いております。

一日、買い物にいった以外は、何もしなかったなあ。・・・あ、そうじゃない、書きにくい、長い手紙を1通書いて投函しました。その内容は・・・ブログには載せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

後期高齢者健康診断

6月28日(金)

梅雨深し預金見て知る身の切迫
検診に飲み食いできぬ夏の夜

Img019

○狭山台胃腸科外科で毎年の健康診断。ここは胃と肺についてはすぐに結果を知らせてくれる。異常なし。

○水彩画の会。七夕で社協前に飾る七夕飾りの下絵を描く。これがどんな風に仕上がるか。7月5日が、第1回目の七夕飾り制作日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

草むしり

6月27日(木)

一人つぐビールは習い夕立かな
草むしる出は百姓の老躯にて

Img018

○午前

ボラグループ「たけのこ」定例会。

午後

「みちくさ」の畑の草むしり。ほおって置くと、隣の畑の人に迷惑を掛けてしまう。

明日は後期高齢者の健康診断。私は毎年、狭山台胃腸科外科で受けています。午後9時以後は一切の飲食禁止です。9時までに、アルコールを堪能しなくちゃね。もう、食事は済んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

トマトはやっと収穫期

6月26日(水)

振り向けば梅の実落ちる音なりき
梅雨深し線で書く字は癖がある

Img017

○精障者作業所みちくさへ。

畑のトマトが、やっと収穫期を迎えました。今日、両手では持ちきれないほど穫れました。苗は、ミニトマトですが、熟して紅くなるのと、黄色くなるのと2種類、3本ずつです。両方とも、なかなか美味しい。

キュウリも6っぽん植えたのですが、まともに育ったのは1本、2本は何とか水不足を持ちこたえました。残り3本は駄目でした。枯れたあとで雨ではね。茄子は、勢いはないが、何とか雨まで生き延びてくれました。キュウリの育ちすぎたのを1個、茄子2個を収穫。

種を蒔くのが遅かったのですが、オクラは20株くらい、芽が出てきました。

リバーサイド・かすみがわ食堂の棚板、小手お棚の方はフラッシュにするのはやめにして、コンパネを2枚貼り合わせました。これに木目の紙を張って仕上げます。せめて化粧ベニヤくらい貼りたかったのだが、予算の関係です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ぼつぼつ投句が届く

6月25日(火)

立葵登り詰めれば雨が降る
梅雨湿り後ろの人の独り言

所沢ゆり園
Img016

○午前中、家事をしながら、V連の鋏7丁を研ぐ。

午後、こぶし福祉会後援会総会。

○先日俳句大会の投句のお誘いを発送したのですが、もう、投句が届きだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

姿を見せぬ富士

6月24日(月)

梅雨深しその日その日の過ごし方
騒がれて姿を見せぬ夏の富士

Img015
円覚寺の巨木。

○精障者作業所「みちくさ」へ。かすみがわ食堂の棚作りを頼まれているので、その材料そろえ。近くのホームセンターでは間に合わず、三芳かな?のジョイフルホンダへ、Kさんの運転で。二つの店で材料を買い、カットしたりして、みちくさに帰ったのは2時少し前だったかな。

○午後は広報なおちらし配り。ちらしを分類して、それぞれの担当者の家まで持っていくのに、結局6時くらいまでかかりました。だいたい半日仕事のようです。

○つばさ俳句大会の投句が何通か、もう届いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

鎌倉散歩

6月23日(日)

人の波竹の葉が散る円覚寺

○歩く会・鎌倉散歩

15人参加。北鎌倉で下車。人・人・人ですねえ。人の頭を見て歩きました。予定だった長谷寺は、入場までに90分待ちだって。諦めました。

Img_7545
Img_7547

上2枚は円覚寺の、下は明月院の紫陽花です。

Img_7556

ここはたまたま、人がいないように写ったいますが本当は人だらけです。紫陽花はもう終わりに近い。明月院も有名になりすぎましたね。

下は建長寺の巨木と庭園。

Img_7558

Img_7562

長谷寺は入場するまでの待ち時間が90分だってサ。入るのを諦めました。

Img_7567

江ノ電長谷駅はあまりの混みようで、私とNさんはみんなと同じ電車に乗れませんでした。1台遅れて、みんなとは別に、狭山市着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

裏高尾

6月22日(土)

外に出れば眩しいまでの夏の朝
席譲る我も譲られ梅雨湿り
蒸し暑やパチンコ向きの枝見つけ
下山して雷鳴を聞くやすけさよ

○山行 裏高尾

Img_7542
裏高尾といっても、コースはいろいろ。今回は、こんな景色が見えるところから登り始める(バス停・摺崎下車)。富士見台、杉沢の頭などを経て夕焼け小焼けの里へ。

     Img_7543
メインロードとは違い、途中はかなりの悪路も。

Img_7544
雨の後なので、樹木や緑の汚れは洗い流されている。

下山したとたんに雷鳴と雨。

コース全般として、見晴らしはなく、アップダウンは多い。訓練の山としてはいいでしょう。いろいろなコースが錯綜しているので、同じコースの人とは言えませんが、独行者、2-3人のパーティに追い抜かれたりすれ違ったりしました。こんな地味な裏街道でも、歩く人はいるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

会議・会議・会議

6月21日(金)

会議・会議・会議梅雨の夕まぐれ

Img014
尾瀬の川

○朝から夜まで、会議続き。

午前、V連の七夕飾りのテーマを決める会議。

午後、V連定例会。V連というのは、狭山市ボランティア団体連絡会です。

夜、こぶし福祉会の評議委員会。

私はひとつの提案をする。こぶし福祉会の各作業所で、それぞれ自主作品を作っている。各作業所で3つくらいの定番商品をきめ、それに定価をつけてこぶし福祉会のブログに載せたらどうか、ということ。各作業所のブログもありますが、福祉会としてのブログに、それを載せてくれと言うことです。そして店を持っている作業所、かすみがわ食堂、みちくさ、あいろこいろ、などでは、定価をつけた定番商品を置くコーナーを作っては、というもの。

○明日は山行。明後日は鎌倉の案内。これからその用意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

忙中閑あり

6月20日(木)

緑雨かな胸突きだして人急ぐ
新開の道どこまでも梅雨じめり
紫陽花のまえ髪染めて爪染めて
昼寝覚かすかに夢を見た記憶
梅雨晴れ間サンダルの鼻緒弛みけり
梅雨の傘いろとりどりに園児たち
母と子の日傘の高さ子は走る

Img013

○山行の予定でしたが、中止になり、のんびりと過ごした1日。

朝の内に投句案内を狭山郵便局本局まで行って発送する。

あとは用事らしい用事はないのです。買い物をしたりしてね。

午後は、市内の温泉「大和の湯」へ行きました。入浴料ただの優待券を持っていたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

忙しいぞ・・・俺が悪いんだけどサ

6月19日(水)

夏嵐前触れの雨降り出しぬ
事務局の肩の疲れや夏の雨
凌霄花電柱登るどこまで?

Img012
智光山公園です

○精障者作業所「みちくさ」へ。

こぶし福祉会本部の棚作りの図面を引く。で、必要な材料代を計算。知らせると、予算を大幅オーバーだってさ。

私はコンパネを使ったりして、何でも安く作るけれどね、ときにはそうも行かない時もある。見た目がどうでもよければ話は別なんだけどサ。それでも、図面を書き直しましたよ。みちくさの作業所では、フラッシュの板(間に芯材をはさんで薄いベニヤ板で作られた、厚い板)を作るなんて言うのは無理なのだけれど、工夫してそれを作ることにした。それでまあ、何とか予算内ということですね。

○みちくさから帰って、俳句大会の投句案内、発送作業の準備。今日忙しくなることが分かっていて、昨日百合を見に行っちゃったから、自分が悪いに違いはないのだが・・・。このブログを書き出すまでかかりましたね。明日は山行の予定でした。中止になったので、明日朝1番で発送できます。・・・山行だったら、山の方に行ったね。

何に寄らず、やらねばならぬことは後回しなのでありますよ。楽しいことは先にやるのです。それで76年生きてきたのだから、もう変えられません。居直らなければ、年寄りは楽しく生きられないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

百合が見頃・ダイエットは今日まで

6がつ18日(火)

片影を事務服の女走るなり
百合の下雀走って逃げにけり
ゆり園や百合の天ぷら生ビール
ゆり園の蠅に好かれてしまいけり
枯れ花をゆり園の人摘んでおり
青葉風帽子が歩く1年生

           Img011

スケッチは手抜きですね。

○所沢のゆり園は、今が見頃です。やらなければならないことはいろいろあるのですが、どのみち忙しいのだ、息抜きをしちゃえ・・・ということで、所沢のゆり園に行きました。

Img_7475
Img_7480 Img_7482

Img_7486
Img_7490
Img_7501
Img_7509Img_7510

Img_7512

○ダイエットは終わります。

去年の暮れ、1年間で5キロ痩せることにきめました。

当時の体重が、70㎏から71㎏。70㎏を切りたいとずっと思っていましたが、特に何もしていませんでした。で、まあ、生まれて初めて、ダイエットなるものをやってみようと思ったのです。

ダイエットにはバランスよくカロリーを減らすべきですが、私はお酒を止めたくないので、そこが苦しい。アルコールはカロリーが高いんだものね。私がしたのは、幾分か糖質ダイエットに近いのです。でも、極端なことはしません。幾分か減らしたという程度です。近ごろ糖質ダイエットの危険性を指摘されますが、冷凍の今川焼きなどは、ほぼ毎日のように食べていますからね。野菜類もタンパク質も、いつも通り食べました。御飯の量を少し減らして、お酒のつまみにせんべい類を避けたくらいですかね。

それでも、5㎏痩せました。だからこれ以上のダイエットは必要ありません。今後はリバウンドが来ないように、食生活に気をつけることですね。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

スペースきずなの棚を作り

6月17日(月)

リーダーは蜘蛛払いつつ行く山路

Img010
航空公園

○月曜日は「みちくさ」の日ではなくなったのだが、今日は特別。

こぶし福祉会の生活支援センター、スペースきずなは月曜日が休みである。体調が悪い人が休む部屋が、男女別に一部屋ずつあって、その押入に棚をつる作業をする。

両神山登山を誘われたのだけれど、こちらが先約だったので、行きたかった両神山を断りました。

リバーサイドで、棚を吊って欲しいと言うことで、その材料を調べに、瑞穂町の、何とかホンダというホームセンターに行く。注文を作るための材料が、その辺のホームセンターでは買いそろえることが出来ないものなのである。これから棚の図面を書いて、見積もりを出さなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

パンク修理

6月16日(日)

自転車のパンクを直す梅雨晴間

○スケッチはありません。

○つばさ、踏青の夏季俳句大会が近づいてきました。

私は今年も事務局を引き受けることになり、その準備に入ります。まず、投句の案内を発送しなければなりませんが、その前に案内を差し上げる人の住所の確認です。去年案内を差し上げた人の名簿を何人かの人に送り、その他に送るべき人がいるかどうか、あるいはその名簿の中に、私が知らなくても、亡くなられた方がいるかどうか、などの確認を求めます。なるべく早く投句案内を発送したいため、今朝はその作業をしました。

名簿をプリントアウトし、私に分かるところはチェックをする。投句案内の文面を作る。名簿チェックのお願いなどを書き、郵送。

○自転車がパンクしたので、ホームセンターでパンク修理の部品を買い、修理をしました。でも、トラブルが・・・。

以前パンクを修理した時には、修理用の部品に、必要なものは全部入っていました。今回もそうだと思ったのに、買ってきた部品にはゴム糊がないのです。チュウブを出して、パンクした位置も確認し、いざ応急処置をしようとしたら、ゴム糊がないのです。あわてましたね。

マンションの前に、自転車のチューブを出したまま放置して、ショップみちくさの木工作業場にゴム糊を取りに行きました。

まあ、無事にパンク修理は終了しましたけれど・・・。

○パンク修理とは関係ありませんが、山仲間のKさんが、ボールの空気注入器を持ってきてくれました。

私は毎日膝のストレッチなどしているわけですが、その時にボールを使います。初めはゴム製の柔らかいボールを使っていたのですが、空気が抜けてしまい、サッカーボールに替えました。しかしこれも空気が抜けてしまいました。

先日尾瀬に行った時、ボールに空気を入れる器具を買いたいけれど、どんなところで売っているのかなあ、などとSさんに話していたら、側で聞いていたKさんが、「私持っている。一度も使ったことがない。使う予定もないから上げる」といっていました。

今日、私の留守中に、Kさんがそれを持ってきて、ドアノブに吊して置いてくれました。さっそく空気を入れてみました。具合がいいです。Kさんありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

つばさ俳句会報告・扇風機を出す

6月15日(土)

駄句

枇杷の実やたわわに稔る駐車場
ベランダに茸が生える梅雨晴間

スケッチ、新聞広告から
Img009

○つばさ俳句会

高得点句

8点句
栗の花散る塗りかけのトタン屋根 三郎
青葉寒左右異なる噛む力    浩子

7点句
少年のどんどん走るどんどん夏野 京子

6点句
茎立やよく働いて老いてゆく  けんじ
紫陽花を見に行く猫背正されて かつよ
ご近所は近くて遠し梅は実に けんじ

5点句
死ぬ場所に不自由はなし山桜 カエル
蟻の列非常口よりつづきけり  三郎
遠雷や雲裏に日のありながら 京子
自転車を玄関に入れさみだるる かつよ

私のいただいた句
咳き込みて涙流して初夏の風  みつ子
徘徊の猫に青梅太りけり     美智子
ゴム長は棒に逆さや梅雨晴間  綾子
遠雷や雲裏に日のありながら  京子
紫陽花を見に行く猫背正されて かつよ
自転車を玄関に入れさみだるる かつよ
少年のどんどん走るどんどん夏野 京子
栗の花散るぬりかけのトタン屋根 三郎
佃煮のあみやあさりや梅雨晴間 昌美

私の句で得点があったもの
死ぬ場所に不自由はなし山桜 5点
山靴の紐を直しぬ藤の花    2点
初夏の風手許の紙に書く句かな 1点

○学校便りなど、回覧の用紙を自治会館に取りに行き仕分けして書くブロックに配る。

○扇風機を出す。去年の埃を拭き取る。大変ですな、汚れたままにしておいたから。

回覧配布と扇風機の手入れで、午前中は精一杯でした。私はこの夏、まだクーラーを入れていません。扇風機まだ使っていません。

いつもブログに書いていることですが、今の人たちは、暑さ、寒さに弱くなっていますね。体がエアコンに馴れているからね。快適温度の幅が狭いんですよ。私が涼しいと感じるくらいで「寒い」といい、暖かいと感じるくらいで「暑い」と言います。たしかに地球温暖化でやりきれないほど暑くなることがありますが、熱中症が増えたのは、そんなところにも原因のひとつがありそう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

書きたいことがない

6月14日(金)

雨ぽつりスケッチの薔薇滲みけり

Img008
折り込み広告の写真から

○書きたいことがないのです

出来事だけなら、いろいろありますよ。

まず、水彩画の会。次に、現在マンション管理組合の理事長不在なので、管理組合宛、火災、地震保険更新の書類が私宛に届いたこと。その件で、4-5人の人に電話したこと。必要な人に書類を届けたこと。さらに、1丁目自治会広報当ての書類が自治会館にきていると電話があったこと。等々。

どれも書きたいとは思いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

血液の半分は酒

6月13日(木)

駄句

血液の半分は酒ヤブレガサ
故郷に縁なくなりてさくらんぼ

血液の半分は酒、残りの半分は、オガクズかな。

ヤブレガサは山の樹陰などに生える草。大きな葉が傘が破れたような形に開く。夏の季語。

Img007
尾瀬ヶ原の池塘です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

「泣きバイ」私は見ました

6月12日(水)

駄句

梅雨を行く合羽の列の園児かな
あじさいや涙集めた色で咲く

Img006
尾瀬ですね。

○精障者作業所「みちくさ」へ。

やっと雨が降ったけれど、畑で元気なのはトマトだけ。エンドウ全滅。インゲンすこしだけ生き延びている。キュウリ、ナス、勢いなし。雨が遅すぎたよ。

○泣きバイ

毎日新聞夕刊『昭和言葉の宝石箱』というコラム。玉木研二・専門編集委員が『泣きバイ』について書いている。

昭和30年代を描いた映画『ALWAYS続・三丁目の夕日』に、泣きバイが出てくるそうです。すこし長い引用をします。

「集団就職で上京したが、勤め先がつぶれて給料代わりにもらったという万年筆を露天に並べ、しょんぼりしている若者。同情した風の年長のサクラが万年筆を手にし、その高品質を絶賛しつつ買う。つられるように見物人たちが俺も、私も、と手を伸ばし・・・」。

「泣きバイ」というのは「泣き売」だそうです。この言い方は知りませんでした。

私は浅草か上野で、これを見ているんですね。私が見たのは、集団就職の青年ではなく、中年の工員風の男。会社が火事になって給料が貰えなかった。代わりに焼け残った万年筆を貰った。といって煤けた万年筆をどさっと取り出す。サクラがその1本を手にし、布で煤を拭く、そしていい万年筆だと誉めるのです。「1本いくらだ」「××です」「これだけの万年筆がそんなに安くていいのか?」「火事で煤けていますから」「拭けば何でもないじゃないか」てな会話があって、あとは玉木研二専門委員の話と同じ。

思えば、あの頃はいろいろなのがあったなあ。

「乙女肌」などというクリームを売っていた。これは「ガマの油」の流でしたね。口上はガマの油とほとんど同じなのですが、「ハブに噛まれてもこのクリームを塗れば何でもない」という口上が違うくらいです。「およそ、あれに効いてこれに効かないと言うことがない」つまり、何にでも効くというわけです。「本来は×××円のところを、今日は新しく発売する宣伝のためなので、特別に××円で販売する。数に限りがあるから、早い者勝ちだ」。買っている人もいましたよ。

○愛読していたブログがひとつ消える。「自然と猫と私」田中美智子91歳。元国会議員。今日でブログを止めるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

義理の雨

6月11日(火)

梅雨の名に義理を立てたるほどの雨

台風が近づいているそうで、雨の予報です。午後、街の温泉大和の湯へ行ってきました。

3時半頃でしたかね、大和の湯からの帰り道、パラパラと雨が降っていました。家まで歩いて20分。傘がいらない程度の雨でした。

このブログを書いている今は、道がすっかり濡れる程度には降っているようです。雨よ、降れ降れ。精障者作業所「みちくさ」の畑を管理する身としては、ひたすら雨を願います。

Img005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

広報配布

6月10日(月)

空梅雨や手抜きブログに手抜きの絵

ついでに、手抜きの句です。

Img004
彩の森公園です

○市役所から広報が届く。

仕分けをして、それぞれのブロック広報係に届ける。

重いんだよなあ。車ならいいのだけれど、こちらは自転車ですからね、前の篭、後ろの篭に積み分けて、届け先を廻る。途中バランスを崩して、自転車を倒してしまった。私は一瞬自転車を放して飛び降りたからよかったけれど、自転車と一緒にたおれたら、これは問題ですよ。対策を考えなくては・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行。尾瀬ヶ原

Img_7472 6月9日(日)

ここにまた山の狭間の田植えかな
水芭蕉音爽やかに尾瀬の川
木道や蛙の声に送られて
何処までも続く木道初夏の風
川底にさざ波の影初夏の風
初夏の尾瀬振り返るたび至仏岳
尾瀬の旅池塘の先の燧岳
池塘には池塘の夏や尾瀬ヶ原

○山行・尾瀬ヶ原

山行と言うほどではないのですが、われわれの山の会も年々高齢化が進み、ゆるい山ばかり多くなりました。

今日は、鳩待峠から山の鼻を経て竜宮小屋までの往復。帰りはすこしコースを替えましたが、基本的にはそんなところです。日曜日で天気も良いし、水芭蕉の時期なので、鳩待峠から尾瀬ヶ原へ抜けるまでは、まるで銀座通りです。

Img_7437
Img_7441
Img_7446
Img_7451
Img_7453

○なだ.いなだ逝く

好きな作家で、エッセイストで、精神科医でした。彼の作品の全部とは言いませんが、かなりたくさん読んでいます。7-8割は読んでいるのではないかな。北杜夫も好きな作家ですが、いわばその仲間で、わたしは、なだ.いなだの方が芥川賞を貰うものだと思っていました。結果は、その逆でしたけれどね。83歳。もっといろいろ読みたかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

子供は裸で水遊び

6月8日(土)

駄句駄句

バラ園や鳩とも知らず鳩歩く
囀りの絶えることなき水辺かな
鳥集う樹はことさらに青葉して
サイクリング水辺の茅花のその向こう
緑陰や枕に薄き文庫本

今日のスケッチは智光山公園の菖蒲園Img003

○航空公園の散歩

Img_7404
私はどうも水のある風景が好きなようです。家の近くには智光山公園、彩の森公園、安比奈公園などがあり、ときどき行くのですが、水のない稲荷山公園には、さくら、ツツジ、カタクリなどの花の季節以外は 、わざわざ行く気が起きません。今日は航空公園にきましたが、まずまっすぐ水辺にいきました。

Img_7406_2
Img_7409_2
もう、子どもたちは裸で水遊びです。

Img_7413
Img_7419
園内にある日本庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

稲荷山公園菖蒲園

6月7日(土)

駄句駄句

木道や蛙図太き声で鳴く
植えられて丈の揃いし苗並ぶ
せせらぎに水あふれたり田植え時
菖蒲園ケータイデジカメカメラマン
菖蒲園見下ろす道を歩く人
愛されてわが街にある菖蒲園
菖蒲園木道直す人もあり
木道はせせらぎ沿いに糸トンボ
花の木のさくらんぼ採る老夫婦
残り鴨水尾も引かず泳ぎけり
静かなる沼に残り鴨静かなり

まさに駄句駄句。ブログに載せるのは、俳句の第1稿です。そこから選んで、推敲したりして、どこかに投稿したりするわけです。私の場合、ほとんど「つばさ俳句会」だけですけれどね。

Img002

Img_7372
Img_7376
上の2つの写真は・智光山公園第2菖蒲園のもの。その上の絵は彩の森公園。なんでこんな風になったのか?不問にしましょう。ブログなんて、私はやっと書いているだけなのだから。

Img_7378Img_7387
こちらは本当の(?)菖蒲園。

東村山の「北山公園」だったかな、近くにももっと立派な菖蒲園があります。ちゃちではありますが、狭山市の智光山公園の菖蒲、今が見頃です。

菖蒲というのは日本人に愛された花なんですかねえ。桜ほどではないにしても、各地に「菖蒲園」がありますね。「たんぽぽ園」なんて言うのは何処にもないけれどね。

私はこういう写真を撮りたがりますが、菖蒲だけを撮る気ははあまり無いのです。菖蒲をカメラで撮ろうとする人を撮りたいとか、描く人を撮りたいとか、見ながら歩く人を撮りたいとか言う気持ちがあります。人に興味があるのかな。

私の風景画には、点景としての人間がでてきます。今日のスケッチにも人間が登場していますよね。

ところで、アヤメ、カキツバタ、ショウブの違いは、何回聞いても忘れます。同じような例では、コブシとハクモクレン,ツツジとサツキなどがあります。花ではないけれど、ヒノキとアスナロとヒバ、分かりませんねえ。材木になっていれば、ヒノキは分かるんですけどね。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

なにもありません

6月6日(木)

立葵咲ききらぬまま苅られけり

Img001
新聞の折り込み広告から。

○久しぶりに狭山ケアセンターへ。3Fで歌、2Fで紙切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

山に登って雨乞いでもしたいよ

6月5日(水)

ヒルガオのほんのり紅き縁のいろ

Img034
緑の中の布袋様。東京大仏のあるお寺。寺の名前は忘れた。

○精障者作業所「ショップみちくさ」へ。

みちくさの畑、エンドウ豆はほば全滅。インゲンは、まだ脈があるけれど・・・。胡瓜も青息吐息だ。茄子にも勢いがない。トマトは一応元気だ。

雨が欲しいねえ。「八大竜王雨降らせたまえ」だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

彩の森公園でスケッチ

6月4日(火)

噴水の中に虹ある昼下がり
噴水や落ちて輪のある池の面
チラホラと樹陰を走る昼下がり
聞こえるはジェット機耳鳴り蝉の声
緑陰や舌出す犬と歩く人
緑陰の夫婦の歩調揃いけり

舞い降りて舞い立つ鳩や初夏の午後
小さき池の噴水低きまま崩れ
噴水の陰の向こうを走る人
蒸し暑しまともどこかで警報音

駄句駄句ですなあ

Img031
山用のリュックサックを買いました。これまでのリュックが耐用年数をすぎて、傷みが激しかったので、貧乏人の涙の決断です。30リットル。普段の山には、これくらいがちょうどいいようです。

手前のリュックは街歩きようのもの。今度買ったのは、奥の長細い方です。私は胴長短足ですから、これくらいの長さがある方が、お腹のベルトがしっくりと締まります。これまで使っていたのは35リットルで、気に入ってはいたのですが、お腹のベルトは胸の辺りにきてしまい、使ったことはありません。

Img032
Img033
彩の森公園でのスケッチ。

○リバーサイドのかすみがわ食堂へ。包丁研ぎボラです。

帰り、一人吟行とスケッチで彩の森公園へ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

梅雨の中休み? 嘘でしょう

6月3日(月)

豌豆の枯れたる土の乾きかな

Img030
何だろうね、この絵は!

今朝テレビのニュースで岬馬の映像を映した。それを描こうと思って、スケッチブックを取りだし、絵の具を出したら、もう放送は終わっていた。だから、画像も見ないで、記憶で描いたクロッキー。

○不燃ごみを捨てるため、山仲間のSさんにお願いして、車を出して貰った。朝9時にきてくれる。これから自分の家のごみも積んでいくから、お前は来なくていいという。だから私は車にごみを積み込んだだけ。感謝。

○精障者作業所「みちくさ」の畑へ。

エンドウ豆はほぼ全滅。きゅうり苗も勢いがない。雨が降らないのだもの、無理はないや。畑に水やりにも行けないし。

テレビの天気予報では「梅雨の中休み」なんて言ってる。嘘だい。梅雨になんか入っていないんだろう?梅雨入り宣言した日に半日くらいしょぼしょぼ降って、あとは10日くらい晴れっぱなしだよ。関東地方は梅雨になんか入っていないんでしょう? まだ晴れが続くんだってよ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

アル中だもんな

6月2日(日)

立葵自転車漕いで坂の上
木漏れ日のまだ続く道著莪の花

Img029
おやおや、唇の色を塗り忘れていました。

○なんやかや、用事があります。

午前中。マンションや狭山台1丁目の清掃作業。今日のために刈り込みバサミや鉈を研いでおいたのです。

午後。車椅子と仲間の会。

夜、これから。ハイコーポ役員会。車椅子の会が終わって、ハイコーポ役員会の間に、風呂に入り、食事をし、1杯飲む(本当は1杯じゃない)。今このブログを書いている。会議の前に酒を飲む不謹慎。アル中だもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

鉈と植木鋏を研ぐ

6月1日(土)

草刈鎌腰据えて研ぐ夕日中

Img028

長谷寺のミニ坊さん。家族でしょうかね。

○明日の清掃作業に供えて鉈と植木鋏を研ぐ。

普通の砥石で研げるものは先日研いだが、今日はみちくさからグラインダーを持ってきての作業。グラインダーでも研ぎきれない刃物もあって、何とか使えるように、多少は刃が欠けたままでも、研ぎあげてしまう。

馴れない筋肉を使ったので、肩がこっています。

○ミキサーを買う。

これまでミキサーを使っていませんでしたが、安いミキサーを買いました。買ったらすぐにも使ってみたくて、バナナと牛乳でジュースを作ってみました。

結構飲めますな。明日はトマトと何かを合わせてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »